5.25.FRI

「東京蚤の市」にお越しくださる皆さまへ


使い込まれたうつくしさを感じさせる古家具、いまでも“新しさ”を感じさせるようなデザインの古道具、そしてガラクタのような、なにに使えば良いのかわからないものまで。古いものが好きなのは、それをどうやって使おうか、それを置けば、空間にどのような変化をもたらせてくれるのか、想像するたびにワクワクしてくるから。

見たこともないようなものも多いから、自然と店主との会話が増える。それがどこからやってきたものなのか、その“もの”の物語を聞く。ときには値段の交渉も。蚤の市が好きなのは、そうやってものの持つ物語に触れ、店主とのコミュニケーションを楽しむことができるから。

ヨーロッパの都市で開かれている“蚤の市(古もの市)”に出かけると、なんとも楽しい雰囲気で、おしゃれで、そこを訪れるとまるで、子どもの頃に戻って宝探しをしているような気分になるのはどうしてだろう。

東京にも、だれもがワクワクするような、暮らしに根付き、たくさんの人に愛される蚤の市を。そんな思いで「東京蚤の市」はうまれました。

当日は、44の古家具/古雑貨店と、13の古書店をはじめとした“古いもの”を愛する77の出店者が全国から集います。おいしい食べ物や、「手紙社写真部」による写真の展示(会場のどこかで展示をしているので探してみて下さいね)、バラエティ豊かなトークショーにライブもあります。選りすぐりの古いものと、それを愛するひとたちとの出会いを、ぜひ楽しんでくださいね。

下記にご来場いただくみなさまに、ご注意いただきたいことを記載しています。事前によくご覧になっていただき、ご来場くださいませ。

【ご注意いただきたいこと】
・入場料について。
来場されましたら、まずは300円で入場券をご購入ください(小学生以下無料)。入場の際にスタッフに提示くださいますようよろしくお願い致します。再入場もしていただけますが、その際には入場券を拝見しますので、無くさないようお持ちください。

・ペットの入場について。
食品をあつかっていることや、お子さまも多くお越しいただけることを考慮し、ペットの入場は禁止させていただいております。

・駐車場について。
京王閣の西側、北側に東京蚤の市の専用駐車場がございます。料金は1回1,000円(11:00〜18:00)です。周辺にはそのほかにもコインパーキングがございますので、あわせてご利用ください。

・ゴミ箱について。
会場内にゴミ箱はありません。お客様ご自身で持ち込まれたペットボトルなどのゴミは、各自でお持ち帰りいただけますようお願いいたします。会場内の飲食のお店でお買いもとめいただいた際に出ましたゴミにつきましては、お買い求めいただいたお店にお渡しいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

・雨天の場合の開催ついて。
荒天をのぞき、雨天の場合も開催します。荒天の場合は、大変申し訳ありませんが、中止とさせていただきます。その場合、当日午前7時までにこのブログで発表します。

・場内での喫煙について。
会場内はすべて禁煙とさせていただきます。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。正門の外に喫煙スペースを設けてありますので、そちらをご利用ください。

・ベビーカーでの入場について。
ベビーカーでもご入場いただけます。事故・怪我などが起きぬよう、どうかお子様からお目を離さないようお気を付けくださいませ。

当日、質問などがありましたら、グレーのTシャツを着用した、「東京蚤の市」スタッフまで、お気軽にお声掛けくださいね。

明日からの2日間、古いものたちがまたあたらしい「役割」を与えられ、使い手と出会い、そして古いものを愛する人と人が交わる、あたたかいイベントにしたいと思っています。長く続いていく物語の、はじめの一歩となることを願って。


「東京蚤の市」、はじまります。


東京蚤の市実行委員会
瀬底正之 杉山正博 増田知沙
北島勲 わたなべようこ 関根利純 藤枝大裕
中村玲子 柿本康二 市川史織

Category: お知らせ