emMèo(神奈川/MAP143)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
ベトナム南部の伝統陶器「ソンベ焼き」です。
ソンベ焼きはかつて家庭や屋台などで日常的に使われていた庶民の食器でしたが、国の方針で薪の窯が廃止されてきており、職人さんも減り、街から姿を消しつつあります。そんな中、emMeoでは少量作り続けられているソンベ焼き(ビンズォン焼き)や、50〜70年ほど前のヴィンテージのソンベ焼きなどを揃えています。フランス統治時代の名残を感じるソンベ焼きは美しく、懐かしさと新しさの入り交じったとても魅力的な器です。今は現地でも入手困難で「幻の陶器」と呼ばれていますのでこの機会にぜひ手に取ってみていただけたら嬉しいです。

 

▼emMèoさんの或る1日のスケジュールを教えてください
ベトナムでも日本人が足を運ばないエリアに行きます。どこにでも市場はあるので、同じようなものを手に入れることはできますが、作っている場所を訪ねることで、その空気感を感じ、商品の知識を得ることができます。南は旧ソンベ省(現・ビンズォン省)の最後の一つ(といわれている)窯元へ行ったり、北はハイフォンという港町の琺瑯工場で商品を買い付けてきました。また多種少数民族が暮らすサパの街へも、ハンドメイドの刺繍や藍染めを見学しました。ホーチミンでは灼熱の中、現地友人のバイクの後ろにまたがりどこへでも行きます。市場や骨董通りで買い付けたものはバイクにくくりつけ宿との往復を繰り返します。買い付けた商品が使われている場所で食事をしたり、友人宅で食卓を囲んだり、滞在中はベトナムの日常や暮らしに寄り添って、商品への理解と知識を深めています。

▼カタログ予習帳

emMèo
https://emmeo.theshop.jp/
@emmeo_onlinestore
mail:emmeo.onlinestore@gmail.com

Silk Road Caravan(兵庫/MAP142)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
ウズベキスタンの刺繍布スザニを使って作ったオリジナルのスタッキングスツールです。以前ウズベキスタンで直接仕入れてきた大きいサイズのスザニを使用しました。思い入れのあるスザニに最初にはさみを入れるときは緊張しましたが、とてもいいスツールに仕上がってくれました。

 


▼Silk Road Caravanさんの或る1日のスケジュールを教えてください
中央アジア(主にキルギスタン、ウズベキスタン、中国の新疆ウイグル自治区、アルメニア、ジョージア)各地をめぐって出会ったお気に入りの物を集めています。

買い付けの日:
7:30: 朝食
10:00: バザールや気になるショップを下見。買い付け日記用の写真も撮影。
13:00:昼食 (午前中の情報を整理。)
14:00: 気に入った商品のお店に行って交渉スタート。そして買い付け。
19:00: ホテルに帰る。現地の料理を食べに行く。
21:00: その日買い付けた物の整理。明日の行動計画を立てる。

 


▼お店の内観

▼カタログ予習帳

Silk Road Caravan
http://sr-caravan.com
兵庫県神戸市中央区栄町通2-2-3 天海ビル1F
tel.080-3854-0780

TOP