MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE(東京/MAP219)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE(ミチオ オカモト ウェアハウス)では、1950年〜60年代を中心に北欧・ヨーロッパのヴィンテージ家具を取り扱っています。家具は、貴重な銘木(チーク・ローズウッド等)から製作され、つくりも細部に至るまで拘りを持って丁寧に製作されています。世界から森林が消え、家具に適している木材が枯渇した現在。過去に製作された上質な木製家具はとても貴重なものとなりました。その為、私たちにとって全てのヴィンテージ家具は、思い入れのある品々です。

 


▼MICHIO OKAMOTO WAREHOUSEさんの或る1日のスケジュールを教えてください
店舗1日の様子
9:00 開店準備を行います。家具のディスプレイを整え、店内掃除、植物の手入れを行います。
10:00〜19:00 店舗OPEN。ヴィンテージ家具の修理を行いながら、お客様への接客をします。
(画像は、修理が見学出来るガラス張りの修理場。)
19:00〜  閉店後。修理スケジュールの確認。翌日に向けてのミーティング。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE
https://furniture.michiookamoto.com
東京都八王子市中野上町5−3−4
tel. 042-621-6380

北欧紅茶&FOODS(東京/MAP224)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
一番人気のクラシック缶。デザインは本国スウェーデンの建物をそのまま可愛い缶に表現しています。

▼カタログ予習帳

北欧紅茶&FOODS
URL
東京都港区白金台5-18-9VORT白金台アネックス103号室
tel. 03-5421-3661

北欧雑貨と暮らしの道具lotta(兵庫/MAP205)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください

 


▼北欧雑貨と暮らしの道具lottaさんの或る1日のスケジュールを教えてください

 



▼お店の外観

▼カタログ予習帳

北欧雑貨と暮らしの道具lotta
http://www.web-lotta.com/
兵庫県神戸市中央区栄町通3-1-11-乙仲アパートメント1F
tel.078-599-5355

harikko(大阪/MAP216)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
憧れのエイヤさんが作られたヒンメリキットに、サインも書いて下さり、思い入れのある一品となりました。ご本人にお会い出来て素晴らしい作品もたくさん見せていただきました。

 


▼harikkoさんの或る1日のスケジュールを教えてください
ある日2019年1月冬の買い付け。ヘルシンキからVR列車に揺られ、4時間移動してVaasa在住のヒンメリ作家さんのエイヤ・コスキさんに会いに行きました。車内の食堂車では雄大な雪景色を眺めながらサーモンスープを昼食に摂りゆったりとした時間を過ごしました。

▼カタログ予習帳

harikko
http://harikko.ocnk.net
大阪市中央区南船場4-9-14 第1丸米ビル203号室
tel.080-9585-5327

アクアビットジャパン(東京/MAP225)

▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
アクアビットジャパンおすすめの一品は、スウェーデンの友人に教わったレシピで作った、スウェーディッシュミートボールです。マッシュポテトとリンゴンベリージャムを添える、北欧の定番の味わい。東京蚤の市・北欧市では毎回たくさんのお客さまに楽しんでいただけています。会場が変わって、また新しい方にお会いできるのを楽しみにしています。

 

▼アクアビットジャパンさんの或る1日のスケジュールを教えてください
10:00 メールチェック/発注内容やお問い合わせを確認
11:00 フィーカ/お茶とお菓子で小休止する、スウェーデンの文化
12:00 出荷手配/各お取引先・お客様へたいせつに商品を発送手配
15:00 試食/新商品の試食。オリジナル商品はいくつかパターンを作って食べ比べる。
16:00 フィーカ/フィーカは1日何度やってもいいのです
17:00 販売営業/レストランやカフェに食材をご紹介

▼カタログ予習帳

 
アクアビットジャパン
http://www.aquavitjapan.jp/
tel.03-3408-4778

vokko(滋賀/MAP213)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
白いモノたち。
北欧といえば花柄など華やかなデコレーションの印象が強いのですが、どれもベースとなるフォルムの美しさがあってはじめて活きてくるもの。そんなデコレーションされていない白いモノを集めてみました。

 

▼vokkoさんの或る1日のスケジュールを教えてください
6:00
起床 朝から梱包作業スタート
夜に梱包作業すると疲れと眠さで、でたらめ梱包になってしますので、最近はもっぱら朝に作業することにしている
8:00
集中力がなくなってきたら朝食
アパートの時は自炊なので、買い込んでおいたパンとチーズ、卵とフルーツなどを。ホテルの時はビュッフェなので目一杯食べて、さらにお昼用にサンドイッチを作って持っていく、冬場は魔法瓶にコーヒーも忘れずに(笑)
9:00
梱包作業しつつ、その日の行程確認
10:00
買い付け出発、、ひたすらお店まわり。。
13:00
タイミングが良ければ公園などで朝作ったサンドイッチを食べたり、カフェに入ったり。食べる余裕がない時は食べない(このパターンの方が多い)で、移動中に非常食チョコレートを食べてしのぐ。またひたすらお店まわり。
18:00
買い付け終了
宿泊先へ戻って荷物を置いて、夕食へ。
21:00
その日買った荷物を整理して翌朝からの梱包準備したり、ブログ書いたりインスタあげたり、、そのまま寝落ちすることも。。。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳


 
vokko
http://www.vokko-net.com/
滋賀県彦根市柳川町207−1
tel.0749-43-7808

FIKAFABRIKEN(東京/MAP223)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
シナモンロール
スウェーデンで初めて出会ったシナモンロール。カルダモンがたっぷり使われたどっしりした生地が特徴で、日本にはない食感がクセになりました。

 


▼FIKAFABRIKENさんの或る1日のスケジュールを教えてください
8:00 お店に到着、仕込み開始
11:00 コーヒーの味のセッティング
12:00 開店
15:00 お客様対応をしながらキッチンで仕込み
19:00 閉店、清掃
20:00 帰宅

▼カタログ予習帳

 
FIKAFABRIKEN
https://fikafabriken.jp/
東京都世田谷区豪徳寺1−22−3

Kirsikka(長野/MAP217)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
フィンランド ARABIA社 Kirsikka(キルシッカ)シリーズ(1975-79年製造)
フィンランド語で「さくらんぼ」を意味し、私たちの店名でもあるこのシリーズ。私たちが北欧ヴィンテージに魅せられたシリーズのひとつでもあり、現在も北欧買い付けに訪れる度に日本に連れて帰ってきます。

「ふたつでひとつのさくらんぼ」のような
・私たちと、現地で出会い繋がった北欧ヴィンテージや北欧デザインの雑貨
・お客さまと、私たちがセレクトした北欧のモノとコト
・そしてお客さまと、私たち
・「Kirsikka」をかたちにする私たち夫婦

そんな関係を大切にしたい!という思いで2013年オープンから6年経った今年の7月に移転、旧店舗から5分ほどの場所で新しいスタートを切りました。
「ふたつでひとつのさくらんぼ」の思いは今も、そしてこれからもずっと変わりません。

 


▼Kirsikkaさんの或る1日のスケジュールを教えてください
*Kirsikkaの北欧買い付けの1日
5:00 起床、昨日やり残した買い付け商品のパッキング
8:00 買い付け商品の出荷
    帰り道に、朝食の焼きたてパンを求めて近所のパン屋さんへ
10:00 買い付けに出かける
15:00 買い付けの合間のFika
18:00 買い付けを終えてアパートに戻る
19:00 夕食は基本自炊(出来るだけ現地の食材を楽しむ!)
21:00 サウナで1日の疲れを癒す(フィンランドではサウナ付きの一軒家に滞在することが多いです)
22:00 北欧コーヒーを片手に当日買い付け商品のパッキング 〜力尽きるまで…

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

Kirsikka
http://www.kirsikka.jp
長野県松本市深志3-1-4
tel.0263-88-8208

kirpputori キルップトリ(東京/MAP208)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
ククサネックレス
幸せをもたらすと言われているフィンランドの伝統工芸品、ククサ。その縁起の良いカップを常に身に付けることができたら素敵だと思い、ククサ職人さんに特別に製作を依頼しています。本物さながらの白樺素材を使い、理想のミニチュアサイズに辿り着くまで、何度も試行錯誤を繰り返した末に実現した、思い出深いオリジナル商品です。

 


▼kirpputori キルップトリさんの或る1日のスケジュールを教えてください
ある日の買付け:
6:00 起床
7:00-15:00 蚤の市ハンティング
蚤の市はとにかく早い者勝ちなので朝が勝負。
1日だいたい5,6ヶ所の蚤の市を巡り歩きます。
15:00-17:00 休憩
ほとんどの蚤の市は15時に終了するため、ここで遅めのランチ&休憩。
17:00-19:00 ログ付け&撮影
忘れないように、その日買付けた品々のログ付け&撮影。
買付けた場所、人、価格、エピソードなどを記録。
19:00-22:00 梱包&発送
一つ一つ丁寧に、=心を込めて=梱包します。
全工程の中で、最も重要な作業時間です。
23:00 サウナでリラックス&就寝

 


▼お店の内観

▼カタログ予習帳


 
kirpputori キルップトリ
www.kirpputori.jp
東京都品川区西五反田2-26-9
tel.03-3491-1300

ベルベット(埼玉/MAP220)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
デザイン性と機能性を兼ね備えた1950〜70年代の北欧ビンテージ家具と雑貨を中心に、インダストリアル&アンティークアイテムのほかオリジナルブランド「ヴェロニカ」やオランダの優れたプロダクトを提案しています。自社工房にてメンテナンスを施し、ビンテージ独自の良さを残しつつも当時の美しさに蘇らせたアイテムはいずれも思い入れのある品々です。

 


▼ベルベットさんの或る1日のスケジュールを教えてください
コンテナ到着日の1日をご紹介します。
8:30 / デンマークで買付けた家具が40ftコンテナで本社倉庫へ到着します。
9:00 / スタッフ総出で荷下ろしを行います。
12:00 / 輸送の為に外されていた脚部やパーツを取り付けながら倉庫内を整理。
13:00 / 全てのアイテムが倉庫内に収まった時点で検品と各アイテムのサイズ計測。
17:00 / 雑貨類の検品作業。

 

▼お店の内観
メンテナンス前のビンテージ家具が所狭しと置かれる倉庫型店舗のウェアハウスと大きな窓から差し込む光が店内を優しく照らす開放的な空間の吉祥寺ショールームの2店舗を展開。一つ一つの状態が異なるビンテージ家具を専門スタッフが見極め、自社工房にて修復作業を行っています。単に磨いてキレイにするだけでなく、アイテムそれぞれの表情や当時の技術に尊敬と愛情を注ぎ、末長くご使用頂けるようにクオリティの高い仕上がりを心掛けています。

▼カタログ予習帳

 
ベルベット
http://www.bellbet.net/
埼玉県東松山市下野本1356
tel.0493-23-9705

TOP