MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE(東京/MAP219)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE(ミチオ オカモト ウェアハウス)では、1950年〜60年代を中心に北欧・ヨーロッパのヴィンテージ家具を取り扱っています。家具は、貴重な銘木(チーク・ローズウッド等)から製作され、つくりも細部に至るまで拘りを持って丁寧に製作されています。世界から森林が消え、家具に適している木材が枯渇した現在。過去に製作された上質な木製家具はとても貴重なものとなりました。その為、私たちにとって全てのヴィンテージ家具は、思い入れのある品々です。

 


▼MICHIO OKAMOTO WAREHOUSEさんの或る1日のスケジュールを教えてください
店舗1日の様子
9:00 開店準備を行います。家具のディスプレイを整え、店内掃除、植物の手入れを行います。
10:00〜19:00 店舗OPEN。ヴィンテージ家具の修理を行いながら、お客様への接客をします。
(画像は、修理が見学出来るガラス張りの修理場。)
19:00〜  閉店後。修理スケジュールの確認。翌日に向けてのミーティング。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE
https://furniture.michiookamoto.com
東京都八王子市中野上町5−3−4
tel. 042-621-6380

北欧紅茶&FOODS(東京/MAP224)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
一番人気のクラシック缶。デザインは本国スウェーデンの建物をそのまま可愛い缶に表現しています。

▼カタログ予習帳

北欧紅茶&FOODS
URL
東京都港区白金台5-18-9VORT白金台アネックス103号室
tel. 03-5421-3661

北欧雑貨と暮らしの道具lotta(兵庫/MAP205)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください

 


▼北欧雑貨と暮らしの道具lottaさんの或る1日のスケジュールを教えてください

 



▼お店の外観

▼カタログ予習帳

北欧雑貨と暮らしの道具lotta
http://www.web-lotta.com/
兵庫県神戸市中央区栄町通3-1-11-乙仲アパートメント1F
tel.078-599-5355

harikko(大阪/MAP216)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
憧れのエイヤさんが作られたヒンメリキットに、サインも書いて下さり、思い入れのある一品となりました。ご本人にお会い出来て素晴らしい作品もたくさん見せていただきました。

 


▼harikkoさんの或る1日のスケジュールを教えてください
ある日2019年1月冬の買い付け。ヘルシンキからVR列車に揺られ、4時間移動してVaasa在住のヒンメリ作家さんのエイヤ・コスキさんに会いに行きました。車内の食堂車では雄大な雪景色を眺めながらサーモンスープを昼食に摂りゆったりとした時間を過ごしました。

▼カタログ予習帳

harikko
http://harikko.ocnk.net
大阪市中央区南船場4-9-14 第1丸米ビル203号室
tel.080-9585-5327

krone(神奈川/MAP207)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
その可愛さに一目惚れしてしまったスウェーデンOMM-desigのメラミン食器。本格的に北欧雑貨の輸入を始めるきっかけとなった思い入れのあるアイテムです。

 


▼kroneさんの或る1日のスケジュールを教えてください
11:30 移動/出張七つ道具を持って、北欧出張へ空港を出発。
21:30 移動/現地到着し、翌日の仕事に備える。
09:00 打合せ/北欧の取引先企業やデザイナーと新商品や今後の販売に関する打合せ。
16:00 終了/これから発売になる新作サンプルを持ち帰り、お仕事終了。
 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

krone
http://www.krone-kamakura.com
神奈川県鎌倉市御成町4-40 松田ビル102
tel.0467-84-8426

こまものと北欧家具の店Salut(東京/MAP218)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
スウェーデン製のヴィンテージテレフォンベンチです。
当時の資料を見ると玄関ホールなどに設置して、天板には固定電話を置き、その横に座って電話をしていた様子が伺えます。携帯電話の普及した現代では固定電話で長話をするなんて光景は昔の話…なのですが、リビングに置いて文具を収納したり、玄関で靴を脱ぎ履きする際のスツール代わりにしたりと、現代の生活に沿った使い方も色々と思い浮かびます。前回の蚤の市ではすぐにご売約となったので、買い付けの際にしっかり探して今回のために用意しました。

 

▼こまものと北欧家具の店Salutさんの或る1日のスケジュールを教えてください
【Salut デンマーク買い付け とある1日のスケジュール】


7:00 現地では車での移動のために早めの出発。春の買い付けでは朝4時くらいから明るいので良いのですが、冬の買い付けではまだ真っ暗なので運転にも気を使います。買い付けでは主に郊外を廻るので、酪農大国らしいデンマークの牧歌的な風景に癒されます。


9:00 買い付けスタート。事前にアポイントを入れた家具ディーラーの倉庫へと出向き、夕方まで1日数か所を廻ります。体育館ほどの巨大な倉庫は暖房設備がないところが大半ので、冬は氷点下の中で寒さとの戦いです。


12:00 ランチ。時間に余裕がなくて食べ損ねることも多いのですが、サービスエリアでお手軽なサンドウィッチやホットドックを食べたり、時間に余裕があるとカフェにてゆったりといただけることもあります(写真はこの前の買い付けの時に行ったベーカリーでの食事)。


14:30 次のアポイントまで、少し空いた時間を利用して教会へ。ここはデンマーク近代デザインの父と呼ばれるKaare Klintが親子三代で設計した教会で、ここから名作椅子も生まれました。買い付け中はこんな風に時間を見つけては、デンマーク家具やインテリアにまつわる建築や美術館をできるだけ訪れるようにしています。そしてお客様にもヴィンテージ家具へ着を持っていただけるよう、その様子をHPのコラム「北欧だより」に綴っています。


19:00 宿に戻って夕食タイム。どうしても野菜が不足するので、簡単ではあっても健康管理のためにも自炊が欠かせません。そのあとは輸入用の書類を作成したりコラムを執筆したりして、夜は更けていきます。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

こまものと北欧家具の店Salut
https://www.salut-store.com
東京都目黒区目黒本町5-5-5
tel.03-6451-0775

piccolina(北海道/MAP203)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
当店がオープンしたのはちょうど10年前、一番最初に行ったプレオープンとして行ったイベントがクリスマスです。それから毎年当店の一番大きなイベントはクリスマス。このトムテ(森の妖精)に出会ったのは店がオープンして間も無くスウェーデンで見つけてから毎年必ず手作りで作ってもらっているものです、実は数年前にこの形は廃盤になってしまったのですが、当店用に作り続けてもらっています。今年は台座になる白樺の切り株はなかなか手に入らない北海道の白樺を数年寝かせて、1つ1つ手作りで作ってもらいました皆様のお家のクリスマスを彩るのに一役かってくれたらいいなと思います。

 

▼piccolinaさんの或る1日のスケジュールを教えてください
【ある日の1日】
6:00 起床 シャワー・ストレッチ・朝食
7:30 店到着 メールに目を通し、1日のスケジュール立て
8:00 商品撮影
9:00 撮影終了
9:00-10:00 写真の加工
10:30 開店準備
11:00 開店
時間を見て写真加工や文章制作・メルマガ・ウェブ登録・イベントDMの制作準備
19:00 閉店 SMS配信 
19:30 帰宅

 


▼お店の内観

▼カタログ予習帳

 
piccolina
http://piccolina.ocnk.net
北海道札幌市中央区南1条西1丁目2大沢ビル4F
tel.011-212-1766

presse (北海道/MAP210)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
スウェーデン50年代のらせん模様を描いたガラス
今回スウェーデン南部から買い付けが始まりました。夏らしく、外のマーケットで買い付けをすることが多かったのですが、夏の強い光に照らされて気になったのが、らせん状の模様が刻まれたガラス器です。50年代のガラスについては文献は少ないので分からないところが多かったのですが、調べてみると、50年代にスウェーデンでこのらせん状のストライプを描く技術を製造した2つのガラス工場は、スモーランド地方に存在したガラスメーカー、Gullaskrufs glassworksとHovmantorpで作られたことが分かってきました。デザイナーは 鋭角でシンプルなグラスやピッチャー類はLennart Andersson、また曲線が美しいクリーマーに関しては、デザイナーのキャリアをスタートさせたばかりのSigne Persson-Melinと言われています。その他にもデザイナーやメーカーは分からなかったのですが、同じストライプ模様が美しい小ぶりのグラスやガラスのデキャンタ、花器のたぐいも一緒に並べてみると、シャープな統一感のある雰囲気になりました。

 

▼presseさんの或る1日のスケジュールを教えてください
presse スウェーデン買い付けのある1日


朝4:00:時差ボケのため、早朝に起床。外はすでに明るく鳥の声。眠気さましにコーヒーをいれて、飲みながら前日買い付けたものの梱包を始める。梱包に使う新聞紙のインクで手がドロドロになる。

7:00:ある程度片付いたところで、日本のスタッフと仕事のメールのやりとりをしながらパン、ハム、チーズの朝食。お昼の予定がない場合は、昼のサンドイッチもこのとき作る。


9:00:車で買い付けに出発。今回の相棒はトヨタヴィッツ。高速を120キロで飛ばし、アンティークショップの開店時間に到着。お店を何周かして、ホコリにまみれながら買い付け。見当たらない場合は、早々に移動。


13:00:時間のないときは車の中で作ってきたサンドイッチを食べるか、時間がある場合は、ランチをやっているカフェなどで食べることも。


15:00:梱包材を探しに郊外のホームセンターへ。段ボール箱などを購入。IKEAで、コーヒーとシナモンロールでフィーカ。眠さMAXのため、ここでコーヒーブレイクを入れるのが必須。スウェーデンでは、何があってもフィーカ時間は大切。


18:00:バルト海を望む大きなサウナ施設にて、1日の汗を流し、海へダイブ! サウナの時間を組み入れてから、疲れが溜まらなくなった。意外にも南スウェーデンは大き
な公衆サウナが点在しているので、今日はどこの公衆サウナを訪れるか考える楽しみに。

19:30:帰りにスーパーでパン、水、野菜、飲み物など夕食を調達。SIMカードもスーパーで買える。


22:00:簡単なごはんを食べて早々に就寝。おやすみなさい。

▼カタログ予習帳

 
presse
https://www.momentsdepresse.com
札幌市中央区南3条西26丁目2-24 もみの木SO 2F
tel.011-215-7981
Open:12:00~18:00(月曜・火曜定休)※日曜日17:00まで

Fredelig(埼玉/MAP209)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
スウェーデン・ストックホルムの街をイメージした、Emelie Ek Design「Mitt Stockholm」コレクションに、新しいデザインとなった「シャローボウル」が初登場いたします。北欧らしい特徴的な大きさと形が人気の食器アイテムの2ndバージョンです。

 


▼Fredeligさんの或る1日のスケジュールを教えてください
私たち「Fredelig フレデリグ」では、クリエイティブな開発を行う、海外メーカーやデザイナーへ直接のルート通じて、商品の仕入れ(または共同に制作)を行うことで、独自の商品展開および販売活動を行なっています。

或る1日
9:00 / オフィス・ショールーム掃除およびスタッフ朝会
10:00 / 1960年代から変わらない北欧ハンドプリントの伝統技法で生地を生産する、現存する貴重なスウェーデ
ンのメーカー「Froso Handtryck」
から届いた新しい製品(Swedish Heritageコレクション)についての情報交換・ディスカッション・メール返答
12:00 / 売り場からの要請POP製作・入稿・発送
12:30 / お昼休憩
13:30 / 次回展示会にむけた設営・什器申込み作業など
15:00 / オンラインショップの当日受注確認・出荷作業
16:30 / 国内生産商品分の集計・発注
18:00 / 新作の北欧食器を予定している「Emelie Ek Design」(スウェーデン)への現地生産発注・メール商談など
(その他・海外メーカーとの連絡が続き。) – 19:30 業務終了

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

Fredelig
https://www.fredelig.jp/
埼玉県春日部市東中野1332-1
tel.048-746-2215

LIFE AND BOOKS(東京/MAP215)

▼LIFE AND BOOKSさんの或る1日のスケジュールを教えてください
LIFE AND BOOKSのフィンランドでの買い付けの1日をご紹介します

8時 ヘルシンキ出発
8時半 サービスエリアで朝食

10時〜 買い付けスタート(ランチまでに5店舗ほど廻る。)

13時 ランチ

14時〜 買い付け再開(終了まで5店舗ほど廻る。)

19時 買い付け終了

20時半 ヘルシンキ到着
21時 夕食(現地の方と交流)
 

▼カタログ予習帳

LIFE AND BOOKS
https://lifeandbooks.net
東京都渋谷区神宮前2-16-9 フタミビル403号室
tel.03-6804-5911

TOP