【出品者紹介】増田 光

かわいいものは好きだけど、かわいすぎるものは嫌い。新しいものが好きだけど、古いものも好き。古今東西、いつ、どこで作られたのかわからないような器づくりを心がけているそう。見つめるほどに虜になる器です。

マスダ参考写真_s

【増田 光さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
愛知県常滑市でくまのモチーフを中心に制作しています。モデルは20歳の頃に買ったぬいぐるみです。それは大量生産品で雑に作られ顔がひん曲がっていましたが、そこが気に入っているところです。蚤の市で素敵な物との出会いがありますように!

【出品者情報】
HP:http://hikari-masuda.com

【出品者紹介】前田葉子

スライスした粘土にエンボスで模様をつけ、それから器へと形成していき完成します。器に描かれるのは「雨上がりの空を飛ぶ鳥たち」。白い雲の間から太陽が金色の光を差し込みクリーム色に輝く空を、晴れを待っていた鳥たちが踊るように羽ばたいています。

maeda03

豆皿以外にはこのような箸置きやオーバル皿も制作しています。

maeda02

3年間お世話になった共同工房から自宅に工房を移してちょうど1年になりました。

maeda01
スライスした粘土にエンボス模様を付けて器に成形しています。

【前田葉子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
雨上がりの空を飛ぶ鳥をモチーフにした豆皿です。手に取っていただければ幸いです。

【出品者紹介】松本美弥子

シンプルでいて、圧倒的な存在感を放つ佇まい。「使う人の色が入り、初めて完成するような余白のあるモノ作り」を意識されている松本美弥子さん。磁気に銀、銅を焼き付け、まるで金属のような風合いを出す作品の数々は、傍に置いて、いつまでも眺めていたくなるものばかりです。

【松本美弥子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
布博ではブローチを、そして今回は豆皿と箸置きをつくらせていただいています。どれも手のひらに乗るほどの小さなもの。小さなものをつくるのは何となくすきです。どうぞよろしくお願いします。

【出品者情報】
松本美弥子
http://jacinthe.jp

【出品者紹介】林 友加

岐阜県土岐市を拠点に作陶されている林友加さん。まず、この真っ白な器にりんとした美しさを感じるとともに、ミニマルでありながら個性を感じるやさしい造形から温かみを感じられる器です。時には心を空っぽにして真っ白なお皿の上で食事をしてみるのも良いのではないでしょうか。

【林 友加さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
見て使って心地よいと感じて頂ける器が作れたらと思っています。

【出品者情報】
林友加
岐阜県土岐市
http://utuwa.dee.cc

【出品者紹介】星川あすか

普段はオブジェなどを中心に制作されている星川あすかさん。独自の色彩感覚と、手で形成されることで生まれる丸みを帯びたラインが、ポップかつアート感覚を刺激する作品です。賑やかでカラフルな世界に引き込んでくれる彼女の作品に、是非触れてみてください。


豆皿とり


ちいさな豆皿も集まると大きな絵のようになります


豆皿 花


豆皿はお箸置きやカトラリーレストとしても


豆皿に絵付けをするときも、紙に墨でドローイングするときのような線を出せればと思っています。


豆皿 動植物をモチーフとした絵柄が多いです


六角皿 季節によって描くモチーフは変わります


お菓子皿としても使いやすいサイズです

【星川あすかさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
日頃は絵や陶のオブジェなどを作ることも多く、豆皿は手のひらサイズのちいさなアートピースのような気持ちで楽しく制作しています。日常の中にささやかな彩りを添えることができればうれしいです。

【出品者情報】
星川あすか
hoshias.jimdo.com

【出品者紹介】本郷里奈

熊本県で作陶されている本郷里奈さん。彼女の代表作は、黄色が愛らしいミモザシリーズと、レトロな雰囲気の藍色模様が美しいラピスシリーズ。食卓に並べば、テーブルに花が咲き、毎日の食事が華やかに。

unnamed

unnamed-1

unnamed-2
ミモザとラピスの豆皿

unnamed-3
ミモザの豆皿

【本郷里奈さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
日々の食卓を彩れる器を作れたらと思っております。

【出品者紹介】Rap!Rap! 山田憲栄

dscf2241

DSCF0762.JPG

お皿を作っていくのに必要な金床という道具です。結構アナログな道具達です。自分で道具もほとんど作っています。手で持っているので荒らし鎚と言って模様を彫り込んだ金槌で、これで叩くことにより、お皿に模様がつきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSCF2705.JPG

DSCF1046.JPG

【Rap!Rap! 山田憲栄さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
アルミを叩いて模様を打ち込みながら作っています。
模様は同じものはできないので、それぞれ個性があります
金属は叩き込むと強度が増します。薄い材料で作ることができるので
見た目より軽量で、陶器のお皿のようにお手入れも気にせず実用的に使用でます。

【出品者情報】
Rap!Rap! 山田憲栄
京都市右京区嵯峨大覚寺門前井頭町9
tel:075-861-2661
http://raprap-n.blogspot.jp/

【出品者紹介】po-to-bo

札幌で陶器とアクセサリーを制作する小さな工房po-to-bo。ぽってりした質感の器に動物たちのフォルムが型どられ、お醤油やオイルなどをそそげば、その姿がぽわりと浮き上がります。本物のレースを型取りして作るという模様豆皿など、ユニークな仕掛けがpo-to-boらしい。


「レース紋豆皿」
本物のレースを型取りしたエレガントな雰囲気の豆皿です。色はシックな飴、瑠璃、織部です。


「青白磁お花豆皿」
うっすらぽわんと浮かぶお花が可愛らしいです。


「白磁動物豆皿」
色々などうぶつが可愛い豆皿。お醤油やオリーブオイルを入れると模様がぽわっと浮かび上がります。


「ことりの豆皿」
ふちにちょこんと乗ったことりがかわいいです。アクセサリーをのせたり、キャンドルを灯したり…..。


「みつあみ箸置き」
パステルカラーがかわいい箸置きです。

【po-to-boさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
色々な種類の豆皿をご用意いたしました。小さな器は選ぶのも使うのも楽しいですね。ぜひ日々の食卓を彩るアイテムとしてご活用いただけると嬉しいです! 同時期に手紙舎 2nd STORYで個展も開催いたします。ぜひこちらも遊びに来て下さい。

【出品者情報】
po-to-bo
札幌市豊平区月寒西3条7丁目4-1
011-854-5828
http://po-to-bo.com

【出品者紹介】八木麻子

電気炉で制作するキルンワークという技法を軸に、テーブルウェアやアクセサリーを制作するガラス作家。氷砂糖のような質感と、光を通すほどに鮮やかな色を放つ作品は、凛とした美しさと繊細さをあわせもっています。お菓子をのせたり、ティーバッグレストやカトラリーレストにしても。

yagiasako_maemzara

【八木麻子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
 電気炉でガラスを焼成する、「キルンワーク」という技法で制作しています。
ガラスの質感や色味を生かしたものづくりをしています。
お花の豆皿を中心に出品予定です。生活の彩りに楽しみながら使っていただけたら嬉しいです。

【出品者情報】
八木麻子
http://yagiasako.com/

【出品者紹介】村田亜希

栃木県益子町で作陶。日々の食卓で気軽に使っていただきたいという思いが込められた器は、個性はもちつつも決して主張し過ぎることなくやさしい佇まい。藍色や白で描かれる模様は、料理を引き立て食卓を彩ります。女性的で繊細なラインで描かれた絵柄が美しい器です。

1%e9%9d%92%e6%b5%b7%e6%b3%a2%e5%b0%8f%e7%9a%bf

青海波小皿:呉須で丸くダミしたのち、掻き落としたり、

2%e9%89%84%e7%b7%9a%e5%b0%8f%e7%9a%bf

鉄線小皿:印判で柄を押したり、

3%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e5%b0%8f%e7%9a%bf

木の実:一度に沢山絵付けします。

4%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e7%aa%af%e8%a9%b0%e3%82%81

小皿窯詰め:絵付けしたのち透明釉をかけて窯で焼成すると、

5%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e7%84%bc%e3%81%8d%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%8a%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc

小皿焼き上がりアフター:こんな風に焼き上がります。

【村田亜希さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
栃木県益子町で作陶しております、村田亜希です。日々の食卓で気軽に使っていただけることを意識しながら制作しています。愛知県は初めての出品となります。ぜひ会場でお手に取っていただけたら嬉しいです。

【出品者情報】
村田亜希
Instagram:@muu.aki
murataki.exblog.jp

TOP