【出品者紹介】栢野紀文

アンデルセンの童話の街に入り込んだような色合い、ポップな柄、一度見たら忘れられない器です。
夕焼けを見ているような赤の色合いが美しく。それに入り込んだ斬新な柄と色。器をたくさん集めたら一つの街並みを見ているような、小さい頃に忘れてしまった景色を思い出させる器たちです。

【栢野紀文さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
色の釉薬を絵付けした器を使っています。オリジナルでありたい。1000年後の人にもメッセージが伝わるようなものをつくりたいそんなことを考えながら作っています。
使うことで器からストーリーがはじまれば幸いです。

【出品者情報】
栢野紀文
https://kibun-kayano.jimdo.com/
Instagram
https://www.instagram.com/kibun_boomboom/

【出品者紹介】菅谷太良

2mame0021

img_1023

img_1028

img_1075

img_1715

普段、制作している作品を紹介します。
※豆皿市では豆皿のみの販売となりますので、予めご了承ください。

【菅谷太良さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
栃木県益子町にて制作しています。「粉引き」による、日常使いの食器を中心に作っています。「粉引き」と言えば「白色」のイメージがありますが、他の色も表現出来ないかと思い作陶しています。日々の暮らしで使っていただきたいので、シンプルですが、健康的な器作りを心がけています。

【出品者情報】
菅谷太良

【出品者紹介】かとうようこ

unnamed

和紙染め以外にシンプルな器もたまに作ります。

unnamed-1

代表的な模様は鳥や草花。

unnamed-2

和紙染めの様子。不定期でワークショップを開催。

unnamed-3

ぱん柄も代表的な作品です。

【かとうようこさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
和紙染めという古くからある技法で模様を施した器を作っています。筆で描いたものとはまたひと味ちがった、版画のような手ぬぐいの柄のようなところが気に入っています。

【出品者情報】
かとうようこ
yokokato-web.com

【出品者紹介】yöc.

普段は、器のほかシーサーなども制作されているという生本さん。今回出品していただいた豆皿たちは、押し型成型という昔ながらの手作業の技法を用いて制作されているそう。3種類の土と9種類の釉薬、土味や表情の違いを楽しんでください。


キリンの豆皿に新色の藍が加わりました。染付という技法を用いています。


小花の豆皿は象嵌という技法で様々な色を出しました。


調味料皿に便利な仕切り付き、豆皿市へは初出品です。


調味料皿に便利な仕切り付き、豆皿市へは初出品です。


ラクダの背中にちょんとお箸がのっかります。

【yöc.さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
初めまして。東京都小金井市にて器とシーサーを作陶しております。今回出品させて頂いている豆皿たちは押し型成型という昔ながらの手作業の技法を用いて制作しています。3種類の土と9種類の釉薬の、土味や表情のちがいを楽しんでいただけたら嬉しいです。

【出品者情報】
yöc.
東京都小金井市
yoc-labo.jimdo.com

【出品者紹介】村上美術株式会社

日本の伝統工業とamabroのデザインがタッグを組んで生まれたプロダクト。歴史ある伝統の趣と確かな技術に敬意を払い、amabroらしいアートな感性を融合させた作品です。古くから変わらない美しさと新たな発見が共存します。

ふんわりとした花びら型に描かれた松の木。年月を経てますます大きく堂々たる姿になる松は、長寿、繁栄、永久不変の象徴とされています。

「山をかたどるならば富士山」というのが日本の常道と言われるほど、富士山の美しさは比類がありません。雄大な富士の裾野が吹墨で表現されています。

脹(ふくら)雀は、脹=福良とかけて縁起物として好まれてきました。当時の陶工たちの遊び心、いたずら心が感じられる型です。

桃は昔から邪気を祓い不老長寿を与える果実として親しまれてきました。ふっくらとした日本産の桃には透明感のある青磁釉がよく合います。

【村上美術製作所株式会社さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
手のひらに収まる程の小さな器には、縁起の良いモチーフや古くから愛されてきた自然や動物などの絵柄が多く用いられ、 当時の庶民の流行や暮らしぶりがうかがい知れます。そんな中から、「MAME」は、 元禄期の伝統的な柄の下絵を中心に復刻し、そこに新たな絵柄のデザインを施しました。

【出品者情報】
amabro
東京都目黒区青葉台3-16-8 ハーモニービル青葉台4/5F
03-5457-1210

【出品者紹介】よしざわ窯

益子町で製陶業を営むのは、もの作り好きばかりが集まった「よしざわ窯」。「クロス皿」や「やんちゃな雲皿」など、ネーミングもユニークで愛らしい器です。マットな質感と甘すぎない色合いで、毎日の食卓で愛用したくなること間違いなし。


シロクマのこどもたち


ソーダブルー色の西洋風のお皿


リースをモチーフにしたリース皿

【よしざわ窯・吉澤理恵さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
益子で製作しているよしざわ窯と申します。「器を使うって楽しい!」と思っていただけるような品を製作したいと思っています。

【出品者情報】
よしざわ窯
栃木県益子町益子3546
0285-77-0880
http://www.yoshizawa-gama.com/

【出品者紹介】ミヤマリカ

しずく、雨上がりの虹、大輪の花。どこか異国の雰囲気ただよう美しい絵柄は、下絵なく、一線一線手書きで描かれています。アメリカで陶芸を学んだ彼女は、型にはまらないデザイン・色を取り入れながらも、生活に寄り添うことを忘れない。華やか且つ優しい器です。

image1

image2

image4

image5

【ミヤマリカさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
ひとつひとつ手描きで絵付けしていますのですべて一点物になります。

【出品者情報】
ミヤマリカ
www.facebook.com/marikamiyaceramics

【出品者紹介】ミシャコシャ

鳥や植物たちが壮大且つ自由に描がかれた器には、まるで物語がとじ込められているよう。独特な世界感と色使いで表現される器の中の物語、これが、ミシャコシャの世界です。

mizacosha1

mizacosha3

mizacosha2

 

【ミシャコシャさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
はじめまして!ミシャコシャです。絵を描いたり、作ることが好きです。
楽しい団欒、美味しい食卓、のひとコマになれたら良いなあと思いながら制作しています。
どうぞ、よろしくおねがいします。

【出品者情報】
ミシャコシャ
大阪府
mizacosha2013.jimdo.com

【出品者紹介】マルヒロ

長崎県波佐見町より発信している陶磁器メーカー。400年の長い歴史の中で培われた伝統や技術と向き合い、現代との関わりを考えながら、自分たちのフィルターを通した「和」を提案しています。

babasyoten

【馬場商店さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
長崎県波佐見町より発信している陶磁器メーカーです。『馬場商店』は400年の長い歴史の中で培われた産地固有の伝統や技術と向き合い、現代の分かとの関わりを考えながら、私たちのフィルターを通した「和」を提案しているブランドです。『ものはら』は“波佐見焼を世界へ”をコンセプトに、世界中の人々に波佐見焼を知っていただけるよう、親しみやすくフレンドリーなデザインを目指し、一味違った波佐見焼をご提案します。

【出品者情報】
馬場商店
本社:東彼杵郡波佐見町井石郷255
有田営業所/マルヒロ直営店:西松浦郡有田町戸矢乙775-7
0955-42-2777
http://www.hasamiyaki.jp

【出品者紹介】marble SUD

見る人の心くすぐるテキスタイルをデザインするマーブルシュッドが、キュートな猫や生き物をさまざまなタッチで描いています。細かい線でちょっぴりリアルに描かれた動物たちが愛らしく、食卓を賑やかにしてくれます。


【出品者情報】
marble SUD(マーブルシュッド)
東京都渋谷区恵比寿南2-5-8 福田ビル1F
03-5725-3755
http://www.marble-sud.com/

TOP