「第14回東京蚤の市」の物語は「第5回関西蚤の市」へ続きます!

美しい紅葉の風景のなかで開催された「第14回東京蚤の市」。イベントの2日間は晴天に恵まれ、絶好の蚤の市日和となりました。改めまして、会場にお越しいただいたみなさまへ心からの感謝を申し上げます。

2日間通しての来場者数は、昨年秋開催の動員数を8千人近く上回る36,000人。熱気に包まれる会場には、蚤の市だからこそ味わえる秋の楽しさがいっぱいに溢れていました。


芸術的なアンティークの世界を楽しんだり


ピクニック気分で、絶品フードを満喫したり


そこかしこで繰り広げられる、愉快なパフォーマンスとの遭遇も!

自分の”好き”なものに出会うこと、気づくことが「人生って面白い!」と思えるきっかけになることがあります。古き良きもの、美味しいご飯、ステージから響く音楽、気の合う人との出会い……。みなさまにとって、東京蚤の市がたくさんの“好き”を見つけられる場所となれていたならば、こんなにも嬉しいことはありません。これからも私たちは、ささやかな幸せに出会える2日間をみなさまにお届けするべく、進化を続けてまいります。

イベント開催に向け、ご支援・ご協力いただいた調布市や京王閣のみなさま、最後まで笑顔を絶やさず共に駆け抜けてくださったボランティアスタッフのみなさま。たくさんの方のお力添えのおかげで、東京蚤の市という名の宝島の存在があります。本当に、ありがとうございました。

蚤の市の物語は、次なる約束の地関西へ! 東京蚤の市の熱気をまるごと持って「第5回関西蚤の市」の会場、阪神競馬場・セントウルガーデンでお待ちしております。2018年蚤の市プロジェクトのグランドフィナーレに、どうぞご期待ください!

手紙社「蚤の市プロジェクト」実行委員会

「第14回東京蚤の市」にお越しくださるみなさまへ

そこに広がるのは、美しい紅葉の風景と、異国のような雰囲気が漂う活気溢れるマーケット。「秋ってこんなにたのしかったっけ……?」思わずそう呟きたくなるような“ワクワク”に満ちた2日間が、いよいよ明日からはじまります!

今回で14回目の開催となる東京蚤の市。当日は国内外から206組のお店が集い、それぞれの最高のパフォーマンスでみなさまをお出迎えします! 見渡す限りに魅力的な品々が並ぶ会場を訪れれば、自然に足取りも軽やかになってしまうはず。古き良きものとの一期一会の出会いを満喫したり、ピクニック気分で美味しいご飯やおやつを目一杯堪能したり……。蚤の市だからこそ味わえる特別な“秋”を、あなただけの楽しみ方で見つけてみてくださいね。

開催に向け、ご来場くださるみなさまにご注意いただきたいことを以下に記載しています。会場に集う全ての人が素晴らしい時間を過ごせるよう、来場者、出店者、スタッフみんなで守って行きたい、心を砕いていただきたい事柄を記していますので、どうか最後の項目までしっかりと目を通していただきご協力くださいますようお願いいたします。

**********************************************

【ご注意いただきたいこと】
・入場料について
入場料は500円で、当日入場口にてお支払いいただきます(小学生以下無料、前売りチケットはございません)。なお、ご入場時にお渡しするチケットは、再入場の際に必要となりますので、紛失などされませんようご注意ください。

・混雑時の入場について
当日の混雑状況に応じて、会場奥にあります「臨時入場ゲート」からのご入場をお願いする場合があります。あらかじめご了承ください。

・再入場について
当日に限り、チケットをご掲示いただければ再入場が可能です。チケットはなくさないようにお持ち下さい。

・雨天の場合の開催ついて
よほどの荒天の場合をのぞき、雨天の場合も開催します。会場内には屋根のないエリアもございます。雨具は必ずご用意ください。なお、荒天のため万が一中止となる場合は、当日午前7時までに東京蚤の市公式SNSで発表します。

・駐車場について
東京蚤の市専用駐車場は、完全予約制で販売いたしました。前売り駐車券をお持ちでない場合、ひと駅隣の調布駅周辺には多くのコインパーキングがございますので、そちらをご利用いただき、電車でお越しになることを強くおすすめいたします。

・ペットの入場について
食品をあつかっていることや、お子さまも多くお越しいただけることを考慮し、ペットの入場は禁止とさせていただきます。ケージなどに入れていただいてもご入場はできませんのでご了承ください。

・ゴミ箱について
会場内にゴミ箱は設置しておりません。お客様ご自身で持ち込まれたペットボトルなどのゴミは、各自でお持ち帰りいただけますようお願いいたします。会場内の飲食のお店でお買い求めいただいた際に出ましたゴミにつきましては、お買い求めいただいたお店にお渡しくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

・授乳スペースについて
乳児をお連れのお母様のために、入場口手前のテントとキッズルームに授乳スペースを設けております。ご利用をご希望の方は、その場にいるスタッフにご用命ください。

・場内での喫煙について
会場内は基本的に禁煙となります。入場口の外と臨時入場ゲート脇に喫煙スペースを設けておりますので、そちらをご利用ください。

・ベビーカーでの入場について
ベビーカーでもご入場いただけます。多くのお客様がいらっしゃいますので、事故・怪我などが起きぬよう、どうかお子様からお目を離さないようお気を付けくださいませ。

・会場の使用について
東京オーヴァル京王閣内の設備・動植物にはお手を触れないようお願い致します。

・当日のお問合せ先について
開催中2日間のお問い合せについては、下記までご連絡をいただけますと幸いです。
手紙社 東京蚤の市運営本部 042-444-5367

その他、ご質問やご要望などがありましたら、黄色のスタッフパーカーを着用した「東京蚤の市」スタッフまでお気軽にお声掛けください。

**********************************************

「第14回東京蚤の市」が、実り溢れる幸福な2日間になることを願って。スタッフ一同みなさまのお越しを、心よりお待ちしております!

手紙社「蚤の市プロジェクト」実行委員会

会場内でほっと一息つける「レストエリア」と、お子様と一緒でも安心な「キッズルーム」「授乳室」のご案内!

東京蚤の市では、ご参加いただくみなさまにゆっくり蚤の市を楽しんでいただきたい! という思いから、レストエリアをたくさんご用意しています。フードをゲットして休憩、ライブを聞きながら休憩、お買い物の途中に一休み、お天気が良ければ、レジャーシートを広げて休憩していただけるスペースもあります。

紅葉の美しいこの季節、それぞれのレストエリアから見える景色も違うので、お気に入りの休憩場所を見つけてみるのも楽しいですね。

休憩エリアは当日入場口でお配りするマップにも記載していますので、会場を歩きながらチェックしてみてくださいね。

また、お子様を連れてでもゆっくり会場を楽しんでいただけるよう、キッズルームと授乳室も設けております。子供たちが夢中で遊べるボールプールや絵本がたくさんのキッズルームはプラザ棟2F(東京北欧市エリア)に、授乳室は入場口手前のテントと「キッズルーム」内にご用意いたします。ママも赤ちゃんも、ご機嫌で一日を過ごしてもらいたい、もちろんパパにも。ご家族で安心して遊びにいらしてくださいね。

【会場企画】2日間限定で「蚤の市郵便局」が登場! 目印はつぶらな瞳のポストくん!

東京蚤の市では、2日限定で「蚤の市郵便局」を開設いたします! 目印はこのつぶらな瞳のポストくん。調布郵便局さんのご協力のもと、実際にこのポストへハガキやお手紙を投函することができます。開設場所はプラザインフォメーション横となっておりますので、ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

この「蚤の市郵便局」では、イラストレーター・ニシワキタダシさんが描きおろした「東京蚤の市オリジナル切手」もご購入いただけます。もちろん、こちらは蚤の市限定での販売となっておりますので、お見逃しなく! 今シーズン登場した古道具をゲットしてご満悦なおじさんと共に、第1弾のおじさん、第2弾のワニ、第3弾の男の子、そして第4弾の女の子、もお買い求めいただけます。

ニシワキタダシさんのイラストの絵封筒も販売いたしますので、東京蚤の市にやって来た思い出に、「蚤の市郵便局」から大好きなあの人へ、久しぶりにお手紙を書いてみませんか?

◎東京蚤の市オリジナル切手
62円切手:120円(税込)
82円切手:160円(税込)
1シート(62円切手):2400円(税込)
1シート(82円切手):1600円(税込)
*切手は1枚からご購入いただけます

◎絵封筒
3枚セット:450円(税込)

3つの指令をクリアして、サンタさんからプレゼントをもらおう!

今回の東京蚤の市では、なんと、サンタさんからプレゼントがもらえますよ!

当日お配りする会場マップに、3つの指令が記載されています。指令をひとつクリアすると、その場でスタッフがスタンプをひとつお押しします。3つのスタンプを集めた方、先着500名にニシワキタダシさんデザインの「蚤の市オリジナルうまい棒」をプレゼント! 会場を回りながら指令をクリアして、ぜひサンタさんからのクリスマスプレゼントをゲットしてくださいね。

 

〈指令1〉クリスマスツリーに願い事を

入場口でお配りするチケットの半券に願い事を書いて、大きなクリスマスツリーに飾ってください。ツリーは八角ステージの近くにありますよ。願い事を飾ったら、近くにいるスタッフにスタンプをもらってくださいね。

 

〈指令2〉トナカイになって写真を撮ろう

東京北欧市エリアにあるトナカイの角を被って、携帯やデジカメでパシャリ! と撮影してください。撮影した写真はプラザインフォメーションのスタッフに見せてくださいね。マップにスタンプをお押しします。

 

〈指令3〉サンタさんの落とし物は何?

会場内、キッズステージの近くにに大きな煙突が出現!? 中を覗くと、サンタさんが落とした“あるもの”が見えます。なにが見えるか、その場にいるスタッフに伝えてスタンプを押してもらってくださいね。

全てのスタンプを集めたら、会場内にいるサンタさんを見つけてプレゼントをもらってくださいね!

 

今回のプレゼントはニシワキタダシさんデザインの蚤の市オリジナルの限定うまい棒!(古道具味)

「だれもが待ち遠しいクリスマス」北欧の街の住人になろう!

プラザ棟2階に2日間だけ出現する「東京北欧市」。この会場のレストエリアに、イラストレーター・くのまりさんに描いていただいた、北欧市メインビジュアルの壁紙が登場します!

北欧のクリスマスシーズンの街並が描かれたこの壁紙、建物にはたくさんの窓が。この窓に、ご自身の姿をイラストで描き足して、北欧の街の住人になってみてください。どの建物に住もうか、楽しみながら窓を選んでみてくださいね。

当日は会場にペンをご用意してお待ちしております。ぜひ、東京蚤の市・東京北欧市にお越しになった記念に、街に姿を残して行ってくださいね。

【だれもが待ち遠しいクリスマス】
場所:プラザ棟2階北欧市・レストエリアガラス壁
どなたでもご参加いただけます

「東京豆皿市&箸置き市」の個数制限について

第14回東京蚤の市と同時開催の「東京豆皿市&箸置き市」では、下記作家の作品について、豆皿・箸置きともに個数制限を設けさせていただきます。

うつわやみたす:おひとり様3点まで
八木麻子:おひとり様3点まで
阿部慎太郎:おひとり様2点まで
※買い物カゴには購入が決まっている作品のみをお入れください

当日は、整理券の配布はいたしません。開場後は、「東京豆皿市&箸置き市」入場待ち列にそのままお並びください。ブース近くにはスタッフが常駐し、随時ご案内をいたします。会場内は混雑が予想されますので、走ったり、周囲の人を押しのけるなどの危険な行為はお控えくださいますようお願い申し上げます。

全国の作家による珠玉の一枚一客が並ぶ「東京豆皿市&箸置き市」。今回も、思わずため息が出るほど美しい作品が続々と届いております! 開催まであと9日。会場を訪れた全ての人に、その素晴らしい作品たちとの出会いを満喫していただけるよう心を込めて準備いたしますので、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ!

「物々交換の本棚」で特別な一冊と出会いませんか?

東京蚤の市当日、会場に“ある本棚”が現れるのをご存知でしょうか? そこに並ぶのは、タイトルの代わりに、会場を訪れた“誰か”のメッセージが書かれた本たち。ここでは、あなたが持ってきた1冊の本と、会場に訪れた“誰か”が置いていった本とを交換することができます。

東京蚤の市の名物企画、「物々交換の本棚」に並ぶ本は全て、表紙やタイトルが見えないようにラッピングが施されています。本の内容を教えてくれるのは、元の持ち主からのメッセージ。「こんな物語です」「こんな人におすすめです」「こんな時に読みたい本です」。残された一言を元に、「これは一体どんな本なんだろう?」と想像しながら手に取った本は、書店で見つけた本とはまた違った、“特別な一冊”に感じられることでしょう。

【「物々交換の本棚」への参加のしかた】
1. 本を一冊、ラッピングした状態でお持ち下さい。
2. ラッピングの外側の見えるところに、その本のおすすめコメントを書き添えてください(本のタイトルは書かないようにお願いします)。
3. お持ちいただいた本は「物々交換の本棚」に置いていただき、それと引き換えに、既に本棚に置かれている本を一冊お取りください(あなたがお持ちになった本は、この本棚を訪れた誰かの元へ渡ることになります)。

自分の本にメッセージを書きながら、「どんな人が手に取るのだろう?」と想像するのも楽しいひととき。自分が手に取った本の元の持ち主のことを想像してみる、そんなわくわくも本と一緒に持ち帰ることができますよ。「東京蚤の市」にお越しの際は、ぜひメッセージを添えた一冊の本をお持ちくださいね。

 

東京蚤の市オリジナル缶バッジを手に入れよう!

いよいよ来週末に迫った「第14回 東京蚤の市」。先日から商品カタログ予習帳がオープンし「当日はどんなアイテムをゲットしよう」と、ワクワクとしている方も多いのではないでしょうか。本日は、東京蚤の市の会場限定で手に入れることができる、オリジナル缶バッジ・マグネットをご紹介! 3人のイラストレーターが描くそれぞれの「東京蚤の市」を、お土産に持って帰りませんか?

 

缶バッジ大(税込300円)缶バッジ小・マグネット小(税込250円)

セキナツコさんが描く、秋の東京蚤の市。会場の空気までもそのまま丸ごとギュッと閉じ込めたかのようなイラストの缶バッジは、シンプルなバッグのアクセントにもぴったり。東京蚤の市には欠かせない、ニシワキタダシさんのキャラクターが彩るポップな缶バッジとマグネットは、お子さまにもおすすめです! 毎回コレクションされている方もお見逃しなく! くのまりさんによる「東京北欧市」の愛らしいサンタクロースやトナカイで、一足先にクリスマス気分を味わうのもいいですね。

こちらの缶バッジとマグネットは、東京蚤の市当日、プラザインフォメーションにてご自身でお作りいただけます。ご来場の記念に、ぜひゲットしてくださいね。

ステージタイムテーブルを大発表! 

東京蚤の市に欠かせないのが、珠玉のアーティストたちによるライブステージ。本日は、「八角テントステージ」に登場するアーティストのタイムテーブルをご紹介いたします! 11月10日(土)、11日(日)の2日間、会場を熱く盛り上げる圧巻のライブの数々を、どうぞお楽しみに!

11月10日(土)
11:00〜
ザ・ぷー

シュールでスタイリッシュな世界観が癖になる。一度見たら忘れられないパフォーマンスを、どうぞお楽しみに!
http://the-puh.com

12:30〜
かせきさいだぁ

小説家や漫画家など、様々な顔を持つ変幻自在のアーティスト。はじけるヒップヒップサウンドをお聞き逃しなく!
http://kasekicider.com

14:00〜
カジヒデキ

爽やかなそのサウンドで、ステージと会場が一体に。圧倒的な盛り上がりを見せるステージを、ぜひ間近で!
http://hidekikaji.net

15:30〜
アン・サリー

伸びやかで美しい歌声が、そっと心を包み込む。じんわりと胸に染み入る名曲の数々をご堪能ください。
http://www.annsally.org

11月11日(日)
11:00〜
海藻姉妹

サクソフォンと鍵盤楽器のポップなメロディーが高らかに鳴り響く! 3人娘の息ぴったりの演奏にご注目ください。
https://twitter.com/kaisoushimai

12:30〜
成山内

sleepy.abのVo,Gtr 成山剛とGtr 山内憲介よるアコースティック・デュオ。ふたりが紡ぐ繊細なメロディに酔いしれるひとときを。
http://sleepyab.info

14:00〜
おおはた雄一

ブルースやフォークミュージックをルーツとするシンガー・ソングライター。ギター1本で魅せる、圧巻の弾き語りパフォーマンスをお届け!
https://yuichiohata.com/

16:00〜
七尾旅人

メッセージ性の強い歌詞と、語りかけるような歌声。夕暮れ時のステージに響くメロウなサウンドを、心ゆくまでお楽しみください。
http://tavito.net/

TOP