• main_visual_0
  • main_visual_1
  • main_visual_2
  • main_visual_3
  • main_visual_4
  • main_visual_5
  • main_visual_6

2019年秋、東京蚤の市・関西蚤の市の開催を宣言します!

みなさま、お待たせいたしました。手紙社が主催する中で最大のイベント「東京蚤の市」と「関西蚤の市」の開催が決定いたしました!

まずは東京蚤の市。「この場所で蚤の市をやりたい!」と私たちが願って止まなかった会場での開催となります。新たな舞台は、東京が誇る、美しく広大な公園である国営昭和記念公園! イチョウの木や芝生、自然に囲まれた会場に、全国、いや、世界から200組を超える出店者が選りすぐりのアイテムを持って集います。そして、なんと今回は11月15日(金)〜17日(日)、初の3日間開催となります! 「2泊3日の世界旅行」をテーマに、3日間通して来場したくなるようなコンテンツ盛りだくさんでお届けします。

関西の舞台は、今年で6回目となるJRA阪神競馬場。東京蚤の市から2週間後の11月30日(土)〜12月1日(日)に開催します。開放感抜群のセントウルガーデンに、140組ほどの出店者が軒を連ねます。

家のなかで過ごす機会が増える季節だからこそ手に入れて欲しい古道具や古家具。小物にファブリック、家具などデザイン性に富んだアイテムが魅力の「北欧市」。「花マルシェ」のエリアでは、色とりどの花や植物がお出迎えします。器好きの聖地となりつつある(?)「豆皿市」も開催。今回は、「豆皿市&豆花器市(まめかきいち)」としてリニューアル! 豆皿はもちろん、コロンとしたフォルムが愛らしい小さな花器も並びます。さらに、「キッズアーケード」や「リュックサック・バザール」、「フードエリア」、「ワークショップエリア」も健在。2泊3日の世界旅行のテーマに合わせた新エリアも登場予定です! どんなエリアになるのかは、お楽しみ。

メインステージでは、珠玉のアーティストによるライブも開催! どの日程も参加したくなるような豪華なラインナップとなっています。メインステージのほか、親子で楽しめるキッズステージも出現。お子さんに大人気の、あのアーティストも登場しますよ。また、会場内を歩いていると、愉快なパフォーマーたちにも遭遇するはず!

世界各国から集まったアイテムやアーティストたちと一緒に、いざ世界旅行へテイクオフ!!

 

【「第16回東京蚤の市」開催概要】
日程:2019年11月15日(金)〜17日(日)
入場料:前売券 800円/当日券1,000円(中学生以下無料)
会場:国営昭和記念公園(東京都立川市緑町3173)
※お越しの際は、公共交通機関のご利用をお願いいたします
主催:東京蚤の市実行委員会
Tel. 042-444-5367

【第16回東京蚤の市概要】

日程:2019年11月15日(金)ー17日(日)

時間:9:30~16:00

開催場所:国営昭和記念公園 東京都立川市緑町3173

JR中央線「立川」駅下車徒歩10分/多摩モノレール「立川北」駅下車徒歩8分

入場料:前売券 800円/当日券 1,000円(中学生以下無料)

主催:東京蚤の市実行委員会 

後援:立川市・立川商工会議所・立川商店街連合会・立川観光協会

お問い合わせ先:手紙社 042-444-5367  

http://tegamisha.com/

  • view on Twitter
  • view on Instagram