presse (北海道)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
スウェーデン50年代のらせん模様を描いたガラス
今回スウェーデン南部から買い付けが始まりました。夏らしく、外のマーケットで買い付けをすることが多かったのですが、夏の強い光に照らされて気になったのが、らせん状の模様が刻まれたガラス器です。50年代のガラスについては文献は少ないので分からないところが多かったのですが、調べてみると、50年代にスウェーデンでこのらせん状のストライプを描く技術を製造した2つのガラス工場は、スモーランド地方に存在したガラスメーカー、Gullaskrufs glassworksとHovmantorpで作られたことが分かってきました。デザイナーは 鋭角でシンプルなグラスやピッチャー類はLennart Andersson、また曲線が美しいクリーマーに関しては、デザイナーのキャリアをスタートさせたばかりのSigne Persson-Melinと言われています。その他にもデザイナーやメーカーは分からなかったのですが、同じストライプ模様が美しい小ぶりのグラスやガラスのデキャンタ、花器のたぐいも一緒に並べてみると、シャープな統一感のある雰囲気になりました。

 

▼presseさんの或る1日のスケジュールを教えてください
presse スウェーデン買い付けのある1日


朝4:00:時差ボケのため、早朝に起床。外はすでに明るく鳥の声。眠気さましにコーヒーをいれて、飲みながら前日買い付けたものの梱包を始める。梱包に使う新聞紙のインクで手がドロドロになる。

7:00:ある程度片付いたところで、日本のスタッフと仕事のメールのやりとりをしながらパン、ハム、チーズの朝食。お昼の予定がない場合は、昼のサンドイッチもこのとき作る。


9:00:車で買い付けに出発。今回の相棒はトヨタヴィッツ。高速を120キロで飛ばし、アンティークショップの開店時間に到着。お店を何周かして、ホコリにまみれながら買い付け。見当たらない場合は、早々に移動。


13:00:時間のないときは車の中で作ってきたサンドイッチを食べるか、時間がある場合は、ランチをやっているカフェなどで食べることも。


15:00:梱包材を探しに郊外のホームセンターへ。段ボール箱などを購入。IKEAで、コーヒーとシナモンロールでフィーカ。眠さMAXのため、ここでコーヒーブレイクを入れるのが必須。スウェーデンでは、何があってもフィーカ時間は大切。


18:00:バルト海を望む大きなサウナ施設にて、1日の汗を流し、海へダイブ! サウナの時間を組み入れてから、疲れが溜まらなくなった。意外にも南スウェーデンは大き
な公衆サウナが点在しているので、今日はどこの公衆サウナを訪れるか考える楽しみに。

19:30:帰りにスーパーでパン、水、野菜、飲み物など夕食を調達。SIMカードもスーパーで買える。


22:00:簡単なごはんを食べて早々に就寝。おやすみなさい。

 

 
presse
https://www.momentsdepresse.com
札幌市中央区南3条西26丁目2-24 もみの木SO 2F
tel.011-215-7981
Open:12:00~18:00(月曜・火曜定休)※日曜日17:00まで