MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE(東京/MAP219)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE(ミチオ オカモト ウェアハウス)では、1950年〜60年代を中心に北欧・ヨーロッパのヴィンテージ家具を取り扱っています。家具は、貴重な銘木(チーク・ローズウッド等)から製作され、つくりも細部に至るまで拘りを持って丁寧に製作されています。世界から森林が消え、家具に適している木材が枯渇した現在。過去に製作された上質な木製家具はとても貴重なものとなりました。その為、私たちにとって全てのヴィンテージ家具は、思い入れのある品々です。

 


▼MICHIO OKAMOTO WAREHOUSEさんの或る1日のスケジュールを教えてください
店舗1日の様子
9:00 開店準備を行います。家具のディスプレイを整え、店内掃除、植物の手入れを行います。
10:00〜19:00 店舗OPEN。ヴィンテージ家具の修理を行いながら、お客様への接客をします。
(画像は、修理が見学出来るガラス張りの修理場。)
19:00〜  閉店後。修理スケジュールの確認。翌日に向けてのミーティング。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE
https://furniture.michiookamoto.com
東京都八王子市中野上町5−3−4
tel. 042-621-6380

北欧紅茶&FOODS(東京/MAP224)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
一番人気のクラシック缶。デザインは本国スウェーデンの建物をそのまま可愛い缶に表現しています。

▼カタログ予習帳

北欧紅茶&FOODS
URL
東京都港区白金台5-18-9VORT白金台アネックス103号室
tel. 03-5421-3661

北欧雑貨と暮らしの道具lotta(兵庫/MAP205)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください

 


▼北欧雑貨と暮らしの道具lottaさんの或る1日のスケジュールを教えてください

 



▼お店の外観

▼カタログ予習帳

北欧雑貨と暮らしの道具lotta
http://www.web-lotta.com/
兵庫県神戸市中央区栄町通3-1-11-乙仲アパートメント1F
tel.078-599-5355

harikko(大阪/MAP216)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
憧れのエイヤさんが作られたヒンメリキットに、サインも書いて下さり、思い入れのある一品となりました。ご本人にお会い出来て素晴らしい作品もたくさん見せていただきました。

 


▼harikkoさんの或る1日のスケジュールを教えてください
ある日2019年1月冬の買い付け。ヘルシンキからVR列車に揺られ、4時間移動してVaasa在住のヒンメリ作家さんのエイヤ・コスキさんに会いに行きました。車内の食堂車では雄大な雪景色を眺めながらサーモンスープを昼食に摂りゆったりとした時間を過ごしました。

▼カタログ予習帳

harikko
http://harikko.ocnk.net
大阪市中央区南船場4-9-14 第1丸米ビル203号室
tel.080-9585-5327

piccolina(北海道/MAP203)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
当店がオープンしたのはちょうど10年前、一番最初に行ったプレオープンとして行ったイベントがクリスマスです。それから毎年当店の一番大きなイベントはクリスマス。このトムテ(森の妖精)に出会ったのは店がオープンして間も無くスウェーデンで見つけてから毎年必ず手作りで作ってもらっているものです、実は数年前にこの形は廃盤になってしまったのですが、当店用に作り続けてもらっています。今年は台座になる白樺の切り株はなかなか手に入らない北海道の白樺を数年寝かせて、1つ1つ手作りで作ってもらいました皆様のお家のクリスマスを彩るのに一役かってくれたらいいなと思います。

 

▼piccolinaさんの或る1日のスケジュールを教えてください
【ある日の1日】
6:00 起床 シャワー・ストレッチ・朝食
7:30 店到着 メールに目を通し、1日のスケジュール立て
8:00 商品撮影
9:00 撮影終了
9:00-10:00 写真の加工
10:30 開店準備
11:00 開店
時間を見て写真加工や文章制作・メルマガ・ウェブ登録・イベントDMの制作準備
19:00 閉店 SMS配信 
19:30 帰宅

 


▼お店の内観

▼カタログ予習帳

 
piccolina
http://piccolina.ocnk.net
北海道札幌市中央区南1条西1丁目2大沢ビル4F
tel.011-212-1766

presse (北海道/MAP210)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
スウェーデン50年代のらせん模様を描いたガラス
今回スウェーデン南部から買い付けが始まりました。夏らしく、外のマーケットで買い付けをすることが多かったのですが、夏の強い光に照らされて気になったのが、らせん状の模様が刻まれたガラス器です。50年代のガラスについては文献は少ないので分からないところが多かったのですが、調べてみると、50年代にスウェーデンでこのらせん状のストライプを描く技術を製造した2つのガラス工場は、スモーランド地方に存在したガラスメーカー、Gullaskrufs glassworksとHovmantorpで作られたことが分かってきました。デザイナーは 鋭角でシンプルなグラスやピッチャー類はLennart Andersson、また曲線が美しいクリーマーに関しては、デザイナーのキャリアをスタートさせたばかりのSigne Persson-Melinと言われています。その他にもデザイナーやメーカーは分からなかったのですが、同じストライプ模様が美しい小ぶりのグラスやガラスのデキャンタ、花器のたぐいも一緒に並べてみると、シャープな統一感のある雰囲気になりました。

 

▼presseさんの或る1日のスケジュールを教えてください
presse スウェーデン買い付けのある1日


朝4:00:時差ボケのため、早朝に起床。外はすでに明るく鳥の声。眠気さましにコーヒーをいれて、飲みながら前日買い付けたものの梱包を始める。梱包に使う新聞紙のインクで手がドロドロになる。

7:00:ある程度片付いたところで、日本のスタッフと仕事のメールのやりとりをしながらパン、ハム、チーズの朝食。お昼の予定がない場合は、昼のサンドイッチもこのとき作る。


9:00:車で買い付けに出発。今回の相棒はトヨタヴィッツ。高速を120キロで飛ばし、アンティークショップの開店時間に到着。お店を何周かして、ホコリにまみれながら買い付け。見当たらない場合は、早々に移動。


13:00:時間のないときは車の中で作ってきたサンドイッチを食べるか、時間がある場合は、ランチをやっているカフェなどで食べることも。


15:00:梱包材を探しに郊外のホームセンターへ。段ボール箱などを購入。IKEAで、コーヒーとシナモンロールでフィーカ。眠さMAXのため、ここでコーヒーブレイクを入れるのが必須。スウェーデンでは、何があってもフィーカ時間は大切。


18:00:バルト海を望む大きなサウナ施設にて、1日の汗を流し、海へダイブ! サウナの時間を組み入れてから、疲れが溜まらなくなった。意外にも南スウェーデンは大き
な公衆サウナが点在しているので、今日はどこの公衆サウナを訪れるか考える楽しみに。

19:30:帰りにスーパーでパン、水、野菜、飲み物など夕食を調達。SIMカードもスーパーで買える。


22:00:簡単なごはんを食べて早々に就寝。おやすみなさい。

▼カタログ予習帳

 
presse
https://www.momentsdepresse.com
札幌市中央区南3条西26丁目2-24 もみの木SO 2F
tel.011-215-7981
Open:12:00~18:00(月曜・火曜定休)※日曜日17:00まで

Fredelig(埼玉/MAP209)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
スウェーデン・ストックホルムの街をイメージした、Emelie Ek Design「Mitt Stockholm」コレクションに、新しいデザインとなった「シャローボウル」が初登場いたします。北欧らしい特徴的な大きさと形が人気の食器アイテムの2ndバージョンです。

 


▼Fredeligさんの或る1日のスケジュールを教えてください
私たち「Fredelig フレデリグ」では、クリエイティブな開発を行う、海外メーカーやデザイナーへ直接のルート通じて、商品の仕入れ(または共同に制作)を行うことで、独自の商品展開および販売活動を行なっています。

或る1日
9:00 / オフィス・ショールーム掃除およびスタッフ朝会
10:00 / 1960年代から変わらない北欧ハンドプリントの伝統技法で生地を生産する、現存する貴重なスウェーデ
ンのメーカー「Froso Handtryck」
から届いた新しい製品(Swedish Heritageコレクション)についての情報交換・ディスカッション・メール返答
12:00 / 売り場からの要請POP製作・入稿・発送
12:30 / お昼休憩
13:30 / 次回展示会にむけた設営・什器申込み作業など
15:00 / オンラインショップの当日受注確認・出荷作業
16:30 / 国内生産商品分の集計・発注
18:00 / 新作の北欧食器を予定している「Emelie Ek Design」(スウェーデン)への現地生産発注・メール商談など
(その他・海外メーカーとの連絡が続き。) – 19:30 業務終了

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

Fredelig
https://www.fredelig.jp/
埼玉県春日部市東中野1332-1
tel.048-746-2215

LIFE AND BOOKS(東京/MAP215)

▼LIFE AND BOOKSさんの或る1日のスケジュールを教えてください
LIFE AND BOOKSのフィンランドでの買い付けの1日をご紹介します

8時 ヘルシンキ出発
8時半 サービスエリアで朝食

10時〜 買い付けスタート(ランチまでに5店舗ほど廻る。)

13時 ランチ

14時〜 買い付け再開(終了まで5店舗ほど廻る。)

19時 買い付け終了

20時半 ヘルシンキ到着
21時 夕食(現地の方と交流)
 

▼カタログ予習帳

LIFE AND BOOKS
https://lifeandbooks.net
東京都渋谷区神宮前2-16-9 フタミビル403号室
tel.03-6804-5911

Lilla Katten(神奈川/MAP221)

▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
スウェーデン洋菓子は庶民の家庭で育まれてきました。スウェーデン人が大事にしているコーヒーの時間に欠かせないのがお菓子。1930年代から1940年代にかけて流行した「kafferep(カッフェレープ)」というコーヒーパーティーにおいて「最低でも7種のお菓子を用意してゲストをもてなすことがマナー」とされた文化もあり、スウェーデンの家庭でのお菓子作りの文化が発展してきたようです。クッキーをはじめとし、シナモンロールなど、多種多様なスウェーデンのお菓子を、スウェーデン語のレシピをベースに日本人好みの味や風味に仕上げたのが、リッラ・カッテンの提供するスウェーデン洋菓子です。

 

▼Lilla Kattenさんの或る1日のスケジュールを教えてください
リッラ・カッテンでは、スウェーデン洋菓子を提供するだけでなく、スウェーデン語レッスンも定期的に開催しています。せっかくなので、スウェーデン語レッスンのある一日のスケジュールを簡単にご紹介いたします。

08:30:シナモンロールなどのパン類を焼くため、オープン時間より2時間以上前から準備が始まります
11:00:開店、スウェーデン語レッスンの参加者さんのなかには早くから来店し、お茶をしてからレッスンに臨んでくださる方も!
11:30:スウェーデン語レッスンの1コマ目がスタート、レッスンは初めてスウェーデン語を学ぶ方から、もう何年もスウェーデン語を学んできた方まで、レベルもスウェーデン語を始めたきっかけも様々
13:00:スウェーデン語レッスンの1コマ目終了、レッスンの参加者さんたちは好きなスウェーデン洋菓子を選んでお茶の時間を楽しみます
14:00:スウェーデン語レッスンの2コマ目がスタート
15:30:スウェーデン語レッスンの2コマ目が終了、1コマ目と同様にスウェーデン洋菓子を囲んでお茶の時間が始まります
17:00ごろ:営業終了、片付けやメールチェックなどをして帰宅します

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

Lilla Katten
https://lillakatten.com
神奈川県逗子市池子2-11-4 #103
tel.046-874-9701

retro number(京都/MAP214)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
裏にブランドの刻印があるガラス。
なんと言っても、これが有る無しでかなり見方が変わる。もちろん、形を見て「ああ、あのグラスね」とわかるものであっても、裏の刻印が特別な物であると、おおっ!となるし、見た事もない刻印に出会うとテンションが上がる。今回出会ったアイノアアルトと言うグラスは今も作られている物だけど、この刻印はKARHULA-IITTALAとなっていて、1950年代に製造されていたモノ。パッと見ただけでは今と変わらないように思うけど、掘り下げて行くと奥が深い。というので、買い付け中は表だけでなく裏面もしっかりとチェック! 見たことの無いものであっても、裏を返せば知っているロゴに出会う事もあるし、まさかあの企業がグラスを?みたいな新たな発見もある。ものを見るとついつい裏を見たくなる。この一種の職業病がお宝を見つける秘訣。笑 写真で見てもわかりにくい刻印、実際のものを見ても、うーーーっすらしか入っていない物も多々あるので、じーーーっくり見るのがおすすめです!
 

▼retro numberさんの或る1日のスケジュールを教えてください
ある冬の日の買い付け。(フィンランド編)

6:30-7:00 起床
到着して数日は時差ボケで朝5:00くらいから目が覚める。外はまだ真っ暗。ダラダラとしながら身支度してお気に入りのカフェへ行く準備をする。

8:00 朝食
ぷらぷらと散歩をしながら、目的のお店にオープンと同時に入店。いつも笑顔の店員さんに癒されながら、カルダモン(スパイス)が聞いたプッラ(パン)をほおばる。冬の間の楽しみは、甘いアーモンドペーストと生クリームが挟まれたラスキアイスプッラと言う特別なパン。1日の力の元。

9:00 買い付けに出発
主に電車に乗って、ヴィンテージのお店やリサイクルショップなどをしらみ潰しに回るローラー作戦。前に良い出会いがあったからと言って、同じ場所に行っても毎回あるとは限らない。そんな駆け引きのような出会いが楽しい。良い出会いがあると、荷物が一気に増える。その時の状況により、一旦アパートに戻るかそのまま突き進むかを考える。だいたい午後2:00-3:00くらいには一旦戻る事が多い。

15:00 休憩
買い付けた荷物を置いて、ひと休み。冬でも部屋の中が暖かいので、アイスも美味しく食べられる。途中で気になって買ったパンや(ほぼパンしか食べてない)、フィンランドのハンバーガー、ヘスバーガーなどを買って食べている。この時間に食べると、その後はほぼお腹が減らずに、夕食を食べない時が多い。

16:00 再び買い付けへ
近場のお店を何軒か回る。小さなお店でも、前回気になるものが出て来た所は必ず覗く。思いがけない出会いがあった時はラッキー。無い場合は潔く諦めて、スーパーで買い物したり、パン屋さんを覗いたりしてリフレッシュ。

18:00-19:00 アパートへ帰宅
買い付けした物をデータにリストアップ(パソコン作業)。珍しいものや今日の掘り出し物をインスタにアップしたり、気になる出来事を書き綴ったりする。(あまりに疲れているとこの作業が飛ぶ 笑)

21:00 梱包
買って来たものを、1つずつ梱包し直す。買った時はザッと包んで持ち帰る事がほとんどなので、改めて全てを包み直す。後は、パズルの要領でパッキンに荷詰め。実はこの収める作業が一番大変。大きさ毎に集めたり重ねたり、大きなものに小さなものを出来るだけ詰め込んで、容量をいかにコンパクトに収めるか! もちろん割れないようにが第一。

23:00-24:00 就寝
寝る前に、次の日の予定を決める作業もあり。営業時間を調べたり、行くまでの経路や料金を調べたり。どう回るのが効率良いかを考える。朝一に荷物を出しに行く準備も。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳


 
retro number
http://www.retro-number.jp/
京都府京都市中京区占出山町299 ヒラタビル2F
tel.050-3636-1626

TOP