Tsubame Märkt(東京)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
オランダよりやってきた羽ばたく木製の鳥のオブジェ。オランダのとある蚤の市にて発見、救出して参りました。
飄々とした顔の鳥、翼は蝶番で付けられているため動かすことができます。オランダは運河の国、そして運河にはいつも鳥たちが集っています。そんな伸びやかな鳥たちにとても良く似ています……

 


▼Tsubame Märktさんの或る1日のスケジュールを教えてください
大きな蚤の市での買付は早朝から始まります。朝4時に起き、5時より始まる蚤の市に懐中電灯を手に巡ります。朝は途中でサンドイッチとコーヒーをスタンドで買い、食べながらどんどん見て周ります。寒い日はこの一杯のコーヒーに癒されます。大きな蚤の市にはヨーロッパ各地より、たくさんのアンティークディーラーが大きなカートを持ってやってきます。朝早いうちに良いものはどんどんと持って行かれるので午前中が勝負です!

明るくなってくると今度はアンティークフリークな観光客が押し寄せてきます。そうなるともうゆっくり見て周るのも難しくなります。夕方にはカートにリュックにショルダーバッグに荷物を詰め込んで帰路に着きます。帰りの列車では荷物がいっぱいで殆どは客席には乗れません。私たちは自転車車両に乗り込みます(ヨーロッパの列車には必ず自転車用車両があります)

そしてアパートに帰ると戦利品の品定めと台帳付け、パッキング等々やることはいっぱいあります。
でも大抵は疲れてその日は寝てしまいます……買付けの普通の一日。

 


▼お店の外観

Tsubame Märkt
https://tsubamemarkt.com/
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-26
tel.0422-27-2709