ギャッベ専門店ギャッベハネ(東京/MAP152)

▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
弊店の扱う「ギャッベ」はイラン・カシュガイ族が思ったこと、見たもの、感じたものを即興で織っていく手織絨毯です。カシュガイ族の住むイラン・シラーズ地方にて年数回買い付けに行っています。描かれるのはシラーズ地方の山々、砂漠、羊や人々など素朴なモチーフが多いのですが、以前の買い付けの際ふと見ると飛行機と車が描かれていました。「これでは遊牧民の感じではないから売れないね」と現地スタッフが引込めようとしましたが、あえて買い付けました。これこそ「見たものをそのまま織る」ギャッベならではではないでしょうか。混じりけのないイランの遊牧民の思いをそのままお届けしています。

 

▼ギャッベハネさんの或る1日のスケジュールを教えてください
イランでの仕入れの一日
早朝、宿泊地からカシュガイ族の住むシラーズの山岳部へ向かいます。土漠の中を走ること車で3~4時間かかります。

テントの他定住しているカシュガイ族の家々を訪問し、織っているギャッベを見せてもらうこともあります。

遊牧民たちが作っているギャッベ協会に集められたギャッベから選ぶこともあります。

合間に昼食やチャイで休憩し午後まで買い付けます。

▼カタログ予習帳

ギャッベハネ
http://mrb-shop.com/
東京都目黒区目黒4-26-9 MRBビル
tel.03-5734-1134

m’s-select えむずせれくと&m’s工房(奈良/MAP148)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
2011年タイ、バンコクのインド人街で見た1枚のキルト。綿密な刺し子が大きな布にびっしりとされて、わっ、何?? 素敵っ!!!! とドキドキが止まりませんでした。何かと尋ねたら、インドの女性が使っていたサリーを5~6枚重ねて刺し子したラリーキルトだという。愛らしい色使いに様々なカタチのハギレを継いでいる。刺し子した上からも、さらに飾り刺繍した布も。こんな素晴らしい布でお洋服やバッグをつくったらどんなに素敵だろうか……それから3か月後、インド西ベンガル州の小さな村に向かったのです。

 


▼m’s-select えむずせれくと&m’s工房さんの或る1日のスケジュールを教えてください
早朝 電車で4時間の村に向かい、1日がかりで村を周り、ラリーキルトを選ぶ。お昼ご飯は、ラリーキルトを作ってくれるグループを束ねるクマールの家でベジタリアンカレーを頂く。最終の電車でコルカタに向かう。夕方はマーケットを散策。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

m’s-select えむずせれくと&m’s工房
天然素材の洋服と手仕事雑貨 m’s-select えむずせれくと
http://www.ms-select.com/
アジアのヴィンテージ布や素材専門店 m’s工房
http://www.ms-koubou.com/
奈良県桜井市粟殿1029-6 m’s303
tel. 0744-42-5757

humongous(東京/MAP151)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
“tile” コットンツイル トップス
お店をはじめてすぐの頃にデザインしたオリジナルプリントです。生地や色のバリエーションを増やしつつ、8年経った今でもお店の棚の中心にあります。裁縫をされない方にも木版プリントを楽しんでいただきたいので、洋服やストールなどの製品もご用意しております。

 

▼humongousさんの或る1日のスケジュールを教えてください
製作と買い付けのインドの旅、1日目をご紹介します。
7:30 いつもおきまりのホテルで起床

9:00 いつもおきまりのドライバーさんにお願いをしてマーケットへ移動
10:00 ボタンやパーツなど、リストしていたものを買い付け&新しい素材をくまなくチェック
12:00 人気のラッシー屋さんに立ち寄ってテイクアウト、車内で飲みつつお気に入りのブティックに移動
12:30 ブティックでお買い物&近くのカフェでランチ
14:00 プリント工場へ移動

15:00 ウェルカムチャイをいただく
15:30 次のオーダーの説明、サンプルのチェック

16:00 プリント工房の視察。木版のつなぎやずれなどをチェック
17:30 休憩のチャイをいただく
18:00 工房の屋上でしばし黄昏る
19:00 仲良くしている工房の家族宅へ移動
20:00 みんなでカレーディナー
22:00 ホテルに帰り、翌日の準備

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

humongous
https://shop.humongous-shop.com
東京都荒川区東日暮里3−28−4
tel. 03-6316-9707

Akushu(大阪/MAP146)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
台湾出張中に見かけたかわいい春聯(中華圏のお正月かざり)。その時は何気なく写真に収めたのですが、帰国してから写真を見直して、漢字と文字のバランスのかわいらしさに「絶対これを日本で販売したい」という気持ちがわいてきました。いろいろ探してようやく制作元を見つけて、次の出張時に訪問。Akushuの取り組みなど熱意を伝えて、無事に春聯を持ち帰ることができました。ちなみにお正月飾りですが台湾などでは年中貼られているのでいつでも使えます(笑)。

 


▼Akushuさんの或る1日のスケジュールを教えてください
Akushuの台湾出張時の1日をご紹介します
8:00 台湾の朝ごはん屋さん/ブログ紹介用にご飯を撮影・台湾仲間と情報交換
9:00 展示会会場へ/台湾のクリエイターの集まる展示会で商談、商品探し
16:00 街めぐり/昔ながらの雑貨を買い付け・休憩でたまにはおいしいスイーツも
19:00 台湾の取引先と晩ご飯/おいしいご飯のあとはカフェで閉店まで打ち合わせが定番

 


▼お店の内観

▼カタログ予習帳

Akushu
http://www.akushu-taiwan.com/
大阪市
tel.050-3718-9997

TWO CHAPATI(山梨/MAP149)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
サリーボーダーリボンのベルト。
インドで買付けした古い民族衣装などからリボンだけを切り出し、国内で1点ずつリメイクして製作したベルト。古いからこそ美しいものを日常の装いで身に着けたいという思いから古い生地やパーツを大切な素材として再利用しながら、リメイクアイテムの製作をスタートするきっかけとなった一品です。

 


▼TWO CHAPATIさんの或る1日のスケジュールを教えてください
インド ジャイプールでの1日
9:00 朝食/チャパティとチャイ
10:30 オフィスへ移動/現地で製作している洋服や雑貨の打ち合わせ
13:00 昼食/カフェtapuriでランチ
14:30 木版プリントの工房へ/彫ってもらった木版やプリントの色を職人達さんと確認
16:30 マーケットへ/リメイクアイテムの素材となる古い生地やパーツの買付け
20:00 夕食/滞在先のお家でインドの家庭料理
1年に2-3回、インドへ買付けや製作へ行きます。
滞在中は工場へ足を運び製作しているアイテムの確認をしたりマーケットをひたすら歩いたりと自分で見て触れることを大切にしています。

 


▼お店の内観

▼カタログ予習帳

TWO CHAPATI
https://www.twochapati.com/
@hanji_twochapati
山梨県北杜市
tel.0551-30-4088

ベトナムの手仕事 ante / アンテ(ベトナム/MAP147)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
ベトナムの山岳地域に暮らす少数民族、黒モン族のろうけつ染の布があしらわれたハイネックブラウス。みつろうでていねいに描かれた文様とパッチワークによる刺繍が美しく、見ればみるほど見惚れてしまいます。民族のテキスタイルはひとつひとつ手仕事でつくられていて、同じものがありません。身を包めば山岳地域で暮らす人々の生活や顔が浮かび、あたたかな気持ちになれるお洋服です。

 

▼ベトナムの手仕事 ante / アンテさんの或る1日のスケジュールを教えてください
午前中:ハノイから山岳地域や骨董市、工芸村へローカルバスなどで出かけます。

日中:職人さんのアトリエで制作をお願いしていたものを確認したり、新しいデザインについて相談したり… あっとゆう間に時間がすぎてしまいます。お昼をみんなで食べることも。村の市場や日用品を扱う雑貨店などを訪れ、ハノイなどの都市では見かけない、光るものを見つけたら連れ帰ります。(だいたいデットストック品)

後日、ハノイへ帰り、洗って干してアイロンをかけたり、ほつれを直したりします。

 


▼お店の内観
実店舗はなく、展示会やイベントのみで販売しています。展示会やイベントの出店情報は下記リンク先にて更新中です。ぜひご確認ください。

▼カタログ予習帳

ベトナムの手仕事 ante / アンテ

https://www.instagram.com/ante.vn/
www.asiakougeisha.com/ante
tel.+84 (0)39 319 5436 (ベトナム)/050 5359 5910(日本)

KAJA Resort Furniture(東京/MAP144)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
アタのワインホルダー
ワインホルダーは特にこれからの季節におすすめで、ほのかなバリの香りが、寒い冬の時期にほっこりした気持ちにさせてくれます。しかも安いワインでも、ホルダーに入れて出せば立派な雰囲気が演出できるところも気に入っています。ワインという西欧イメージの強いものとアタというバリ島ならではの素材が組み合わさったこのワインホルダーには、小さいながらも文化がミックスされた不思議な魅力を感じます。アタとは、バリ島東部のトゥンガナン村で作られているインドネシアの伝統工芸品です。アタとはバリ島に自生する植物の一種で、細く裂いた茎を手で編んで作られます。形ができたら太陽の下で天日干しします。その後、防虫のためココナッツの殻などで燻し、こんがり飴
色に仕上げます。 仕上がったアタは水洗い可能で、天日干しする事によって、何十年も使えます。南国の先人の知恵が今の時代にも使い親しまれ、日本の国までやってきました。丈夫な編みはすべてハンドメイドによるもので、愛着の湧くアイテムのひとつです。

 


▼KAJA Resort Furnitureさんの或る1日のスケジュールを教えてください
様々な業務があるので、担当により1日のスケジュールは全く違うものになりますが……。定期的に、スタジオを借りて撮影を行います。この撮影の日のスケジュールだとすると、
搬入:家具の撮影になるので、搬入作業は結構な重労働です。外部の提携配送専門のスタッフにもお願いしますが、男性スタッフ中心にももちろん協力し、商品を運び込みます。設置:家具などの大きい商品は事前にレイアウトを決めて撮影に望みますが、その時の日の入り方や印象などによってその場で調整。
撮影:モニターでチェックしながら、ここでも微調整を入れて進めていきます。
搬出:撮影終了後は戻しの作業。搬入と同じく、家具を運び出し、片付けを行います。

 


▼お店の内観

▼カタログ予習帳

KAJA Resort Furniture
https://www.kaja.co.jp/
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-8
tel.0422-23-8337

hanamikoji-花見小路(台湾/MAP145)


▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
鄭恵中(ヂェン先生)とのコラボレーションシューズ(3カラー)
ヂェン先生を知ったのは、スタッフが着ていたワンピースがきっかけ。日本人スタッフが着ていた緑色のワンピース。普段なかなか見かけることのないとても美しい緑が印象的なコットン生地のワンピースで、思わず「それってどこで買えるの?」と尋ねました。その時初めてヂェン先生のことを知ったのです。その後、私自身も先生のアトリエへ。そこでまるで万華鏡の中にいるかのようにたくさんの素敵な色のお洋服たちに出会いました。心地よくて、シンプルで、見れば見るほど魅力を感じる色と綿や綿麻の生地たち。

この布でシューズを作ってみたい。そう思ったのがヂェン先生とのコラボレーションシューズを作るきっかけとなりました。日本のみなさんが台湾のよさを知るきっかけになればうれしいです。

 

▼hanamikoji-花見小路さんの或る1日のスケジュールを教えてください
hanamikoji-花見小路スタッフの出張時の一日の様子をご紹介します

8:00 台南出発/もちろんhanamikojiのシューズを履いて出発。


10:00 高鉄(新幹線)に乗って北上/クリエイティブ地区POPUP会場へ/その後マーケット応援


13:00 花見小路の店頭へ/接客・メール返信など事務作業・お客様へのお礼のカード書きなど
15:00 生地やさんで次のシューズのイメージ探し(ついでに豆花でおやつ時間)
18:00 台南へ/台南に到着後仲間たちとの晩ご飯

 

▼お店の外観

▼カタログ予習帳


 
hanamikoji-花見小路
https://hanamikoji.jp/
台北市中山區南京西路14號4F(MRT中山駅より徒歩1分誠品生活南西店内)

CREOLE(東京/MAP150)

▼思い入れのある一品とそれにまつわるエピソードを教えてください
初めてラオスを旅行で訪れた際に市場で見た風景。それは、野菜や魚を売っている各テントの屋根に、ふんわりと柔らかそうな手紡ぎの綿の糸がかけられていて、はじめは何のための糸だろう? と思っていました。村を見てまわる内に、藍染め用の壺が並んでいるのを見つけたり、軒先で布に織っている女性を何人も見かけたり。 市場にあったあの糸は、そういった手仕事をするために、また他の女性が丁寧に紡いだ糸でした。 そういった手仕事が残っていることに感銘を受け、それがきっかけとなり、CREOLE(クレオール)というブランドがスタートしました。CREOLEとは、異なる文化と文化が混じり合い、新たな文化が創られることを意味します。ラオスのの手仕事が、日本の生活にもさりげなく溶け込むような、そんなものづくりを目指して。現地のゆったりとした時間の流れに合わせて女性達と仕事をしています。

 

▼CREOLEさんの或る1日のスケジュールを教えてください
【現地の村に行って直接オーダーする日】
本当は現地に行って、村の人達と直接話をし、確認をしながら仕事をするのが、イメージ通りのものづくりの近道ですが、なかなかラオスに頻繁には通えません。そのため、そのチャンスがある時はそれまで溜めていた疑問や質問を投げかけます。 なぜ? どうやって? 他のアイディアは? 質問攻めの後、お昼を勧められ、家の中に招待された際、部屋の片隅に置いてある布の切れ端が一番インスピレーションをくれる宝物になることがあります。

 


▼お店の外観

▼カタログ予習帳

CREOLE
http://creole-creole.com/

TOP