【LIVE】カジヒデキ(3日)

【ステージ カジヒデキ】
12月3日(日)

【アーティスト情報】

1967年5月8日、千葉県出身。
1996年にソロデビュー。「ラ・ブーム ~だって MY BOOM IS ME~」など数々のヒット曲を放ち、90年代の渋谷系を牽引。
またイベント「BLUE BOYS CLUB」主宰やTBSラジオ「オーディナリーミュージック」、bayfm「SPACE SHOWER MUSIC RADIO」、渋谷のラジオ「渋谷のラジオの渋谷系」パーソナリティ、音楽フェス「PEANUT CAMP」キュレーションなど幅広く活躍中。
ソロ活動20年を迎えた昨年、新作アルバム「THE BLUE BOY」リリース、ビルボードライブ東京公演など充実した活動を展開している。

http://hidekikaji.net

【LIVE】OLDE WORLDE(3日)

【ステージ OLDE WORLDE】
12月3日(日)

【OLDE WORLDE 沼田壮平さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
第4回、関西蚤の市の開催おめでとうございます!また参加させて頂けること、大変嬉しく思っております。
OLDE WORLDEとしては、今年の5月にアルバム『Little Dodo』をリリースしました。その中の一曲、『Saturday Morning』は手紙社さまのオーダーメイドの日のイメージ映像で使用して頂き、勝手に縁深いつながりを感じさせて頂いております。
回を重ねるごとにどんどんパワーアップしていく蚤の市は、毎回毎回、ステキな物やステキな人たちとの出会いがありワクワクが止まりません。ぜひ会場でお会いしましょう。

【アーティスト情報】
シンガーソングライターである沼田壮平(SOHHEI NUMATA)は、ソロプロジェクト、OLDE WORLDE(オールディ・ワールディ)として活動中。その中性的で無垢な純粋さを醸し出すヴォーカルと、多彩な才能を感じる自由度の高いメロディが大きな注目を浴びている。1983年に東京で生まれた沼田は、2009年5月よりOLDE WORLDEとして活動を開始。同年11月にEP『Time And Velocity』でデビューを果たした。

2010年4月にはファースト・アルバム『Anemone “Whirlwind”』をリリース。SUMMER SONICをはじめ様々なフェスティヴァルに出演し、知名度を上げていった。2011年7月にはセカンド・アルバム『The Lemon Shark』をリリース。FUJI ROCK FESTIVALにも出演し、ワンマンライヴも実施。また、Predawn、Turntable Filmsと全国ツアーもおこなった。2013年には、スマッシング・パンプキンズ、ピート・ヨーン、サニー・デイ・リアル・エステイト、トータス他を手掛けるBrad Wood(ブラッド ・ウッド)をプロデューサーに迎え、米ロサンゼルスで新作のレコーディングを実施。翌2014年3月には、サード・アルバム『The Blue Musk-Oxen』をリリースした。自身のレーベル、Groundhog Recordsからリリースされた同作は大きな評価を獲得。

ファースト・シングル「Thinking About You」はNTTドコモ「ドコモウェルカムキャンペーン」篇のCMソングとして使用され、海外でのアルバムのデジタル・リリースも実現。イギリスの音楽サイト、Artrocker他でフィーチャーされた。2016年の夏には4枚目のアルバム『Little Dodo』の制作を開始し、12月には新曲「Emmy」を公開。セルフ・プロデュースとなるこのアルバムは、2017年の5月にリリースされ各方面から高い評価を得ている。また沼田は、音楽のみならず、イラストレーター、ライター、翻訳家としても活動中。OLDE WORLDEの作品のアートワークには自身の手によるイラストが多数使われ、歌詞は全て英語で書かれている。

ツイッター URL
http://twitter.com/oldeworldemap

フェイスブックURL
https://m.facebook.com/oldeworldemap

【LIVE】ザッハトルテ(3日)

【ステージ ザッハトルテ】
12月3日(日)

【ザッハトルテさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
ザッハトルテのギター担当ウエッコです。
今年も関西蚤の市に出演します!
ザッハトルテの演奏を聴ききながら、パリのクリニャンクールにいるような気分になってください!

【アーティスト情報】
京都から発信する、新しくも懐かしいインストゥルメンタル・バンド。
アコーディオン(都丸智栄)、チェロ(ヨース毛)、ギター(ウエッコ)世界的にも珍しい絶妙な組み合わせから、ミュゼット、アイリッシュ、ジプシースウィング、ボサノヴァ、ロック、 クラシック等々、広くヨーロッパの古き良き大衆音楽の雰囲気を取り入れた、彩り豊かなオリジナル曲を演奏。
2002年の春、京都は西陣の小さなカフェ「さらさ西陣」で始まった「月例お食事ライブ」とほぼ同時期に結成、以降現在までNo Chargeのカンパ制のスタイルで毎月欠かさず続けている。全国各地で生音カフェツアーを開催する等、カフェライブの先駆け的存在。
通算1000回を超えるステージで培われた、カフェでもホールでも、子供でもお年寄りでも、まさに老若男女があらゆる場面で楽しめる楽曲とパフォーマンスに定評がある。
現在までにライブアルバム含めて10枚のCDをリリース。
また、演奏活動だけでなく、松任谷正隆プロデュース「THE 料理 SHOW」の音楽を担当、アフラックのテレビCMで「アヒルのワルツ」「持病の歌」のインストバージョンの演奏、NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の2010年秋のヒット曲「ドコノコノキノコ」の作編曲・演奏し、同番組クリスマススペシャルにも出演、同じくEテレ『シャキーン』の「いちぶんがく」コーナーの音楽も担当。
様々な劇中音楽の制作や、舞台『素浪人ワルツ』では劇中の生演奏で参加するなど、各方面で精 力的に活動している。
2017年は結成15周年、現在、月に一度に所縁の場所で録音し、月に一度新曲を1年を通してリリースする企画「月録音行脚」を敢行中!

http://www.zahatorte.com/
Youtube https://www.youtube.com/user/zahatortevtr

【LIVE】リュクサンブール公園(2日)

【メインステージ リュクサンブール公園】
12月2日(土)

【リュクサンブール公園さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
おいしいご飯を食べて素敵なショップでのお買い物のあいまにココロをのんびり穏やかな時間にして頂ける様に。
そして、関西蚤の市の思い出の1つにしてもらえる様に7人で心をこめて演奏させて頂きます。
みなさん からだ一杯に楽しみましょう!

【アーティスト情報】
1998年大阪の堀江公園から始まったアコーディオン楽団。
おばあちゃんになるまで続けたいね と現在はアコーディオンが5人 パーカッションがふたりの女性7人で活動中。

https://www.facebook.com/ryuku33/

【LIVE】Drakskip Trio(2日)

【ステージ Drakskip Trio】
12月2日(土)

【Drakskip Trioさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
初冬の爽やかな空気は北欧の夏に似ています。
Drakskipの演奏で北欧の軽やかな空気と心躍る音楽をお届けします。

【アーティスト情報】
ニッケルハルパ 榎本翔太
5弦ヴィオラ/ハルダンゲル・ダモーレ 野間友貴
12弦ギター 浦川裕介

『うねり、戯れ、疾走する。』京都発、北欧インストバンドDrakskip。
その旋律を奏でる3人のユニット。
スウェーデンの伝統楽器ニッケルハルパを軸に、5弦ヴィオラ/ノルウェーの10弦フィドル
ハルダンゲル・ダモーレ、12弦ギターを駆使し、繊細かつ躍動的な音楽を紡ぎ出す。
野間と榎本は一年間のスウェーデン留学を経て各地に伝わる音楽の理解を深め、新しい風をバンドに運ぶ。

http://www.drakskip.net/

【LIVE】蔡忠浩(2日)

【ステージ 蔡忠浩】
12月2日(土)

【アーティスト情報】
1975 年産まれ、関西出身。bonobosのボーカル&ギターで作詞曲担当でもある。酸いも甘いも、多少包み隠しながら書く、人間味のある歌詞と、言葉にならない気持ちを音に変換させ、音楽を作り、奏でる。ここ数年はバンドやソロ活動の枠を越え、舞台の音楽監督や映像への音楽提供なども行う。

http://saichung-ho.com/

TOP