【好奇心の扉を開く、秘密にしたいあの古書店】

まるで、本屋で迷子になるような感覚ーー。一度その経験を味わってしまったら、何度でも訪れたくなる名(迷?)古書店が、東京蚤の市にはずらりと軒を連ねます。次から次へと目的の本以外の本が気になってしまうのは、まさに店主の選書術の妙。文学、エッセイ、絵本や漫画、料理本から図鑑まで、作家やジャンルにとらわれず、次々と好奇心を刺激してくれる書店に出合うと、まるで心の中を読まれているようでドキドキしてしまいます。自分だけの秘密の図書館にしたくなるような、古書店の扉を開いてみましょう。

古書モダン・クラシックうっとりと見入ってしまう植物の写真。その隣に「柳宗民の雑草ノオト」があると、思わず手に取ってしまいます。

SNOW SHOVELINGsnow_cover18書棚からふと目があってしまったタイトルや装丁。それはもう、運命の一冊です。

LOSPAPELOTES

カルチャーやアート、暮らしにまるわる本を探すなら、この古書店を目指す人も多いはず。

FOLK old book store読み始めると止まらない漫画たち。大阪のサブカル好きが通う人気店から。

ハナメガネ商会栃木の古民家で営まれる古書店は、暮らしや女性にまつわる古書が充実。

MAIN TENT吉祥寺の絵本を中心とした古書店。出店ブースの楽しいディスプレイも必見です。

JulyBooks/七月書房「猫の本」だけでもさまざまな種類が。ジャンルを超えて、一つのテーマで本探しをするのもおもしろいですね。

インターネットや書店の在庫検索で、目当ての本へと最短で辿り着くことができる時代。でも、あえて回り道をして、古書店でぐるぐると迷子になってみるのも楽しいものですよ。

【出店者紹介】FOLK old book store(大阪/MAP118)


お買い求めやすい漫画もたくさん持っていきます。


読み物も多数


毎度好評いただいている古着も持っていきます。


これから活躍しそうなグラス


2013年に亡くなられた画家・鈴木悦郎さんのお茶碗・湯呑み(デッドストック)も持っていきます。

【FOLK old book store 吉村祥さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
1年ぶりの東京、楽しみです。古本以外にも、食器、古着など色々持っていきます。

【店舗情報】
FOLK old book store
〒541-0046
大阪市中央区平野町1-2-1 1F/B1F
tel:06-7172-5980
http://www.folkbookstore.com

【出店者紹介】古書モダン・クラシック(東京/MAP121)


「暮らしノオト08」(2014年)花一輪、枝一本から、できること
「暮らしノオト14」(2015年)植物といっしょのインテリア
新緑の季節へと移り変わっていくこの時期、自然と草花にまつわる本を手に取りたくなります。


「草と暮らす」(2016年) 誠文堂新光社
「柳宗民の雑草ノオト」(2015年第8刷/2007年初版)筑摩書房
草・花・木などの写真やイラストを楽しんだり、添えられた文章に癒されたり、ページをめくるごとに気分もリフレッシュしていくように感じられます。


「だいすきしぜん たんぽぽ」フレーベル館
「ざっそうの名前」福音館書店
「木はいいなあ」偕成社
こちらは、草花や木についての絵本いろいろ。


他にも、子どもから大人まで楽しめる古本や絵本をたくさん並べてお待ちしております。

【古書モダン・クラシック 古賀カヨさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
オンライン古書店の古書モダン・クラシックと申します。店主は男性向け、女房のカヨは女性向けの古本をセレクトしております。また、手紙舎つつじヶ丘本店・本とコーヒー tegamishaでも古本を販売しております。蚤の市にはふたりが選んだ、絵本・暮らしにまつわる本・料理や手仕事などの実用書・文学・哲学・経済・小説・エッセイなど、幅広い分野の古本を持って行きます。お気に入りの一冊が見つかりますように。

【店舗情報】
古書モダン・クラシック
東京都調布市(事務所のみ)
tel:042-444-8461
http://www.mc-books.jp

【出店者紹介】SUNNY BOY BOOKS(東京/MAP122)


洋書や和書合わせて色とりどりに楽しい絵本たち


デザイン、アート、写真集は毎回恒例の割引セールもあります。


SUNNY BOY BOOKSの初刊行書籍、タダジュン『Dear, THUMB BOOK PRESS』もお持ちします。両日作家であるタダジュンさんご本人もいらっしゃいます。


人気イラストレーターさんとコラボしたワッペンシリーズも。


こちらも恒例のお土産屋「一二三(はじめ)」の古道具販売もあります。

【SUNNY BOY BOOKS 高橋和也さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
東京・東横線学芸大学駅にほど近い住宅地にある小さな本屋です。
4回目の出店になります。今回も古本を中心に、お店オリジナルのグッズや書籍などをお持ちします。どうぞお立ち寄りください。

【店舗情報】
SUNNY BOY BOOKS
〒152-0004
東京都目黒区鷹番2-14-15
www.sunnyboybooks.jp

【出店者紹介】JulyBooks/七月書房(東京/MAP115)


旅行記や世界の国々の紹介本など、旅にまつわる本


猫や犬など、絵本から文庫まで動物の本色々増えています


ガーデニングやハーブ、写真集など、植物の本は素敵なものが多いです


きれいな洋書絵本やずっと読み継がれている日本の絵本などたくさん持っていきます


ペイネやブルーナ、チャペック、ムーミン、スヌーピーなど、JulyBooksスタンダードももちろんあります

【JulyBooks/七月書房 宮重倫子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
手に取ると楽しくなるような絵本や、時代を感じる素敵な本、かわいい紙や布の雑貨などを持っていきます。下北沢の店舗は閉店しましたが、楽しい本のある場所を、今後はあちこちで展開していきたいと思います。東京蚤の市当日はよろしくお願いいたします。

【店舗情報】
JulyBooks/七月書房
http://7gatsubooks.wixsite.com/july

【出店者紹介】東京くりから堂(東京/MAP116)


【東京くりから堂さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】

とてもたのしみにしております!東京、関西でご好評いただいておりますヴィンテージアドをはじめ、選びに選んだすてきな品をおもちします。ご来場のみなさまとともに蚤の市を楽しんでいこうとおもいます!

【店舗情報】
東京くりから堂
杉並区和泉3-37-10

【出店者紹介】にわとり文庫(東京/MAP110)


読んで面白いのはもちろん本棚に並べたくなるような本をお持ちします。


お人形のポップな絵本


可愛い洋書絵本をいろいろ持って行きます。


いつもご好評いただいているアンティーク洋書ですが今回は豪華な革装の洋書も入荷しました。


前回大人気だったディズニーこけしにはミッキーやドナルドも登場します。


伝統こけしも少し並べます


マッチラベルの貼込み帖をバラ売りで


戦前から昭和30年代くらいまでの観光絵葉書セット

【にわとり文庫 さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
本はもちろんたくさん、その他にも紙もの、こけしなどいろいろあります。古本エリアにもぜひ足をお運びください!

【店舗情報】
にわとり文庫
東京都杉並区西荻南3−17−5
tel:03-3247-3054
http://niwatorib.exblog.jp/

【出店者紹介】ハナメガネ商会(栃木/MAP112)


佐野繁次郎さん装幀の『巴里風物誌』などフランス関連の読み物


『暮しの眼鏡』(花森安治)


ダイナミックな作りが愉しめる昭和のボップアップ絵本


1960〜70年代の『みづゑ』。ALL300円均一でお持ちします。


ちんまりかわいい郷土玩具たち。

【ハナメガネ商会 マスダモモエからご来場いただくみなさまへメッセージ】
「懐かしい・かわいい・愉しい」の三拍子揃った古本や郷土玩具など選りすぐってお持ちしようと思います。会場でお話しできるのを楽しみにしています!

【店舗情報】
ハナメガネ商会
栃木県芳賀郡益子町益子1665
0285-77-5370
http://hanamegane.com

【出店者紹介】ひらすま書房(富山/MAP117)

【ひらすま書房さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
富山の古本屋、ひらすま書房です。
富山の薬売りのように、屋台やトランクをもって、古本や小さな出版社から発行されているリトルプレスの移動販売を行っています。
さらに昨年7月に地元富山県射水市にて、大正時代に建てられた旧郵便局に実店舗も構えました。
「ひらすま」とは、富山弁でお昼寝のこと。忙しい日々の中で、ちょっと一息つけるような暮らしの本や絵本などを中心に取りそろえております。

【店舗情報】
ひらすま書房
富山県射水市戸破6360 LETTER 1F
tel:080-4251-0424
http://hirasumashobo.com/

TOP