【出品者紹介】play on words


「海のサーカス団」
play on wordsとして発表した初めての手ぬぐいがこちら。
タコの団長率いるサーカス団は、今日も準備に余念がありません。
公演の目玉は、なんと言っても川の曲芸団から招待されたカエル嬢の綱渡り。
タツノオトシゴのラッパが鳴ったら、いよいよ舞台の幕開けです…


「ひょうたん玩具」
こちらは、ご祝儀用のお名前入れ用にもなる図案の和風デザイン。以前お名前入れにとお作りしたことも!

ひょうたんをはじめ、ダルマ、末広、鈴、松竹梅、、、とおめでたい尽くし。
地色のアイボリーも柔らかな印象に仕上がりました。
慶事のプチギフトにもオススメです!


「B for Bungu」
吉祥寺の文具店サブロで開催した展示会B for Bunguで発表した、文房具尽くし柄。

HはHole punchのH、NはNote bookのN、、、
と、ドレミの歌のようにイニシャルを並べた本がリピートしています。
文房具ファンの方にとっては、このアイテム推しというのがあるのかなと思いつつ、
今回は描きやすいモチーフをアレコレ考えながら選びました。
デザイナー自身のお気に入りは、「鉛筆柄のマスキングテープ」。
かなり分かりにくいかも・・・?と思いつつ、「T」の所に使っています。


「ニシオギタータン(3色)」


2(ニ)本と4(シ)本のストライプで作った格子柄。
イギリストラッドの代名詞でもあるタータンチェックに“西荻窪”テイストをプラスしました。


「ヒルトヨル」
お日様が出たら僕らの出番、シャンソン&ギタール。
文具やアクセはいかがですか?
日が暮れたらお家の中へ。
珈琲を入れたらお気に入りのカップで楽しんで。

この手拭いは、東京 小平にある、雑貨・ブロカントを扱う
ショップ「プチミュゼ」をイメージしてデザインしました。
東京蚤の市にも初回から参加されているアンティークショップです。


「金魚尽くし おかいもの」
買い物大好き金魚さん、行く先々でアレコレ目移り。

傘はいかがですか? −蝙蝠屋
お嬢さんにはこちらなど・・・ −燕宝石
金魚だってメガネの時代ですよ   −モンキーグラス
あらお似合い −ニャ・ゴフク
これでコーディネート完成!   −バニー・ザ・ハット

「珈琲つなぎ」
HOOVES COFFEE』のHOOVESとは、ヒヅメのこと。
馬蹄がシンボルマーク、正面を向いた牛がモチーフです。

この架空のカフェで提供するのは
■ブラックコーヒ―
■カフェ・オ・レ
■フレイバー・ブラックコーヒ―
■ハニー・ミルク
■エスプレッソ

それぞれの味にあわせて、牛の色が変わったり、尻尾におめかしが付いています。


「ギガ鳥獣」
昔から大好きな「鳥獣戯画」へのオマージュとして生まれた「ギガ鳥獣」。
注染の技術を最大限に活かしたデザインです。

ギガサイズの鳥獣って、、、?
象?恐竜?
いやいやそれではギガとは言えないかな。

あ、アレは?!
空に浮かぶアレ!
何万光年っていう単位は充分にメガ?!
そう、星座!


「きのこ尽くし」
野山で、里で、公園で、ひっそりと息づいているのは色・形・大きさもとりどりのきのこ達。
ヘぇ、これもきのこ?
と驚くなかれ、その世界の奥は深いのです。

見れば見るほど不思議なきのこの世界に引き込まれるようです。
注染の染料は、思っている以上にビビッドな色も再現してもらえるものなのですが、
実物のきのこ達も、実際にこれに負けないくらいに鮮やかなものばかり。

きのこ狩りのお供にうってつけの一枚に仕上がりました。

共同企画子羊舎


「ランプのあかり」
まあるくなって 唐草浮かべ 星のかたちに姿かえ 照らすランプのあかりたち

モロッコ・トルコのランプや雑貨を取り扱う「谷口ぴかぴか商店」さんの協力でデザインをしました。

ユニークなフォルムのランプたち、ずらりと並ぶことでその魅力が更に増します。
イスラム建築でよく見られるカーブをえがいたタイル風のパターンを組み合わせて
オリエンタルな魅力にあふれる一枚となりました。

【play on words 原田史子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
絵巻物を広げるように展開するプレイオンワーズのデザイン世界は2009年に一枚の手ぬぐいから始まりました。

「play on words(コトバアソビ)」をもりこんだ、粋、洒落、POPでユニークなアイテムを発表しています。

手紙社さんが展開する初めての「手ぬぐい市」にお誘いいただきとても光栄です!
手ぬぐいシーズンまっただ中の大井競馬場で、たくさんの方に初めて見ていただける機会になるかと思いますが、皆様のお気に入りの一枚が見つかればと願っています。

畳んでポケットに入れて、広げてお家に飾って、と色々お楽しみいただけますように!

 

【店舗情報】
play on words
〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-8-9 gallery cadocco
tel:03-6913-7626
http://playonwords.jimdo.com/

【出品者紹介】soi Interior & Style Design


「soiどうぐ」
可愛い食器たちがお行儀良く並んでます。
よーく見ると、soiのお店のなかで見たことある食器たちが・・・!?
どなたにでも喜ばれる、使いやすいデザインです。


「birds on line」
鳥たちのかわいらしいしぐさを描いた、シンプルでシックなデザインです。


「ひらめ」
細かく描かれたひらめたちはまるで版画のようです。
一見渋めですが、ひらめに描かれた緻密な柄が美しく、男女問わず様々なシーンでお使い頂けます。


「ハス」
紺色に染められた涼しげな色合い、
ハスのシルエットを切り絵風表現したデザインです。


「生豆」
日本伝統の豆絞りの柄を生豆にて再現した小粋な一枚です。

【soi Interior & Style Designさんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
東京の浅草にほど近い合羽橋道具街にて
食器や家具などの雑貨店を営んでおります。
中でも注染による手拭いはオリジナルデザインで、古来の文様をアレンジしたもの、グラフィカルなデザインなどの個性豊かな図柄が多数ございます。
染めの美しさ、色柄のかわいらしさ、そして使い勝手の良さ、soiの手拭いを通じて日本の手拭いの良さを体感していただけれたら幸いです。

【店舗情報】
soi Interior & Style Design
〒111-0035
東京都台東区西浅草3-25-11
tel:03-6802-7732
http://www.soi-2.jp

【出品者紹介】mamegoto

お弁当ごよみ柄
一週間のお弁当を描いたお弁当ごよみ柄。布用ペンで塗り絵のように色を塗ったり、刺繍をしても楽しい一枚です。

【mamegoto 神川敦子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
mamegotoはオリジナルテキスタイルを制作しています。
普段は植物など自然をモチーフにした図案が多いですが手ぬぐいでは遊びごころのある図案を作っています。
今回出品させていただくのは、きんぴらごぼう柄、ひじきの煮物柄など
おうちのおかずをモチーフにした「お惣菜手ぬぐい」と一週間のお弁当をテーマに描いた「お弁当ごよみ」手ぬぐいです。思わずお腹が空いてしまいそうな美味しい絵柄を揃えてお待ちしております。

 

【店舗情報】
mamegoto
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1丁目11番地
tel:050-1507-8045
http://mamegoto.com

【出品者紹介】phro-flo


『あじさい』  にじみ表現が美しい、昔ながらの注染の技術で染めています。


『シャボン玉』  4つの色が全ての色を表現し、自由に広がります。


『なでしこ柄』  通常はシルクスクリーンプリントでは難しい、裏表のない表現と、柔らかいにじみの表現が使われています。


『気球』   細かいシャープな表現と空を写すぼかしの表現を組み合わし、奥行き感のある布に仕上げています。


『桔梗』  伝統ある注染工場が廃業前に、最後に染めてくださった布です。


『瞬き』  二つの色が重色することで、近くからと、遠くからで瞬くように違った柄の見え方になります。

【phro-flo 奥田博伸さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
実験的な製作の場として、通常行われていないような、様々な染色技法を取り入れ表現しています。実験的に工場にて染色をするだけではなく、他工場の伝統の技法などへも依頼しています。消費される物よりも、丁寧にひとつひとつの布の可能性を探っていくこと。
普段は、浴衣を主に製作しています。

【店舗情報】
phro-flo
http://phro-flo.com/

【出品者紹介】シマノネ


ガジュマル 物語にもよく出てくる沖縄の原風景、人々の心に根を張り続けるガジュマルの気をモチーフにしています。


ゴーヤーしましま 縦に切ったゴーヤーの縞々模様


サングヮー すすきのはなどで手作りする、沖縄の身近なおまもりサングヮー


のまんじゅう 赤い「の」の字がトレードマークのおまんじゅう。その可愛らしい姿から「のまんじゅう」とよばれ、古くから沖縄の人に愛されてきたお菓子


ハイビスカス(ひろげたもの)島のゆったりと奈gれる時間に身を任せ、風の波に乗っておおらかに堂々と揺れているハイビスカスをいめーじしました。

【シマノネ 岩満太一さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
こんにちは、沖縄県で伝統工芸品やブランドをプロデュースしている、ゆいまーる沖縄です。
今回私たちがてぬぐい市に出品させていただくのは、「シマノネ」というシリーズの手ぬぐいです。
シマノネとは、シマノネは、ずっと大切にしていきたい「島の根っこ」のこと。
沖縄の自然や文化、想いをそれぞれのデザインに込め、いつもの暮らしの中で、「島の根っこ」に触れるきっかけをつくりたくて、沖縄県立芸術大学の学生さんたちと一緒に、商品を作りました。
てぬぐいは手ぬぐいブランド「かまわぬ(東京都)」さんとのコラボで生産。
現在の手ぬぐいでも主流になっている機械によるプリントではなく、昔ながらの注染(ちゅうせん)という製法で作られています。
お手に取っていただいたみなさんには、ぜひ沖縄の風を、島の根っこを感じていただけると嬉しいです。

【店舗情報】
シマノネ
ゆいまーる沖縄
〒901-1104
沖縄県島尻郡南風原町宮平652
tel:098-882-6990
http://shimanone.utaki.co.jp/

【出品者紹介】H/A/R/V/E/S/T

北欧のロングトレイルを歩いた時の思い出の景色をつめこんだ柄“long distance hike”の手ぬぐいです。昼間の色をイメージしたブルー系と、夜明け前の色をイメージしたブラウン系の2配色です。こちらも注染で染めています。


夏の山のテント泊へ持っていく道具を集めた2017年の新作“夏の山道具”てぬぐいです
注染という伝統技法で、職人さんに染めてもらっているので、風合いが柔らかく、優しい仕上がりになっています。2配色展開です。

【H/A/R/V/E/S/T 真田緑さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
こんにちは。H/A/R/V/E/S/T(ハーベスト)というテキスタイルブランドを主催しております真田緑といいます。
今回は、てぬぐい市に参加することができて嬉しく思います。
暑い時期の蚤の市ですが、皆さま熱中症対策は万全にしていらしてください!

 

【店品者情報】
H/A/R/V/E/S/T
http://www.h–a–r–v–e–s–t.com

【出品者紹介】華市松


たおやかに流れるそよ風のように「ひねもすのたり」


縁が繋がり、和が広がる「円」


小鳥のさえずりが聞こえてきそうな「しあわせ」


水面と小さな魚がゆっくりと煌めく「Ototo」


星のようなお花、まるいお花、蝶々のようなお花「Flower」


地道に石を積み上げることで足元を支える「礎」


天の川のようにたゆたう、小さな花々「ののはな」


動物たちは賑やかににどんな会話をしているのかな「おしゃべり」


富士山と逆さ富士が交互に並ぶ繋ぎ柄「逆さ富士」


満月になったり三日月になったり「つきかげ」

【華市松 吉田章男さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
先代の頃より物創りの根幹として琳派を表現し、和装の意匠に新しい感性を取入れることに研鑽しています。美の系譜を受け継ぐ「華市松」は京都を拠点に様々な業界で活躍される作家とのコラボレーションで、日々の暮らしを華やかに彩る創作意匠を提案しています。

【店舗情報】
華市松
京都市中京区北小路町98-1
03
tel:075-222-1413
http://hanaichimatsu.com/

【出品者紹介】手ぬぐい・りんりん/珍満つなぎ


ネットショップがメインの海辺の手ぬぐい屋「手ぬぐい・りんりん」です。


カラーバリエーション豊富な「珍満つなぎ」は恋人や赤ちゃんができるおめでたい柄


ほがらかな女柄の「満小紋/まんこもん」は一番新しい柄


キリッと黒がカッコイイ「珍小紋/ちんこもん」はシックな大人柄


砂浜の足跡を柄にした「砂浜縞」


サーファーが波を待っている「波待ち縞」はこの浜で生まれた柄


職人さんが二人がかりで染めるラスタカラーの「楽寿多珍満」

【手ぬぐい・りんりん 菅原恵利子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
神奈川県の葉山で、オリジナル柄の注染手ぬぐいをつくっている「手ぬぐい・りんりん」です。葉山のイメージを柄にした葉山シリーズと、川崎の奇祭「かなまら祭」で大人気な珍満シリーズでラインナップしています。かなまら祭で買いそびれた方、この機会にぜひ!

【店舗情報】
神奈川県三浦郡葉山町一色1670
https://tenugui-rinrin.jimdo.com

【出品者紹介】kata kata


katakata手ぬぐい


手ぬぐい:サーカステント


手ぬぐい:ハチドリ

【katakata 松永武さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
こんにちは。kata kataです。今回は優しい滲みが特徴の注染の手ぬぐいを出品いたします。
暑い夏が少しでも涼しく感じられるような水辺の生き物をモチーフにした 手ぬぐいを中心にご紹介いたします。

【出品者情報】
katakata
〒182-0006
東京都調布市西つつじケ丘4-23 35号棟104
埼玉県草加市吉町5-4-48
tel: 042-444-8438
http://kata-kata04.com

【出品者紹介】Day Starter


ちょうちょ柄


くだもの柄


裏表なく柄が鮮やかに染め上げる、昔ながらの注染という技法で丁寧に作られています。


「ちょうちょ」と名付けた手ぬぐいは、さまざまな柔らかい点と線で構成されていて、広げても、たたんで使っても良く見えるデザインに。


いきいきと描かれたさまざまな「くだもの」たち。

【Day Starter 笠井 由雅子さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
小さく畳んで使っても可愛く、広げてインテリアとしてお部屋に飾っても、可愛く見える絵柄を意識してデザインしています。
注染で染め上げられた手ぬぐい、ぜひ手に取ってご覧ください。

【店舗情報】
Day Starte
〒550-0014
大阪市西区北堀江1-16-21-404
tel:06-6541-0540

http://www.daystarter.net

TOP