「真夏の東京蚤の市」Instagram大賞の受賞者を発表します!

このたびは、8月19〜20日に開催された「真夏の東京蚤の市」にご来場いただき、誠にありがとうございました。本日は、誰もが楽しめる会場企画「Instagram大賞」の受賞者を発表いたします! 会場内に設置された巨大な絵日記型の顔出しパネルで写真を撮り、ハッシュタグ「#蚤の市絵日記」をつけてInstagramに投稿していただいた方の中から「宝ものを見つけたで賞」「ユニークな思い出で賞」の2つの賞をお贈りいたします。

*宝ものを見つけたで賞

(※4枚目のお写真が受賞写真です)

家族と一緒に遊びにきてくれた女の子二人。お花を使った小物作りのワークショップが一番の思い出になったようです。一生懸命作った作品は、きっと二人の宝ものになったことでしょう。おめでとうございます!

*ユニークな思い出で賞

真夏の東京蚤の市🌿 大井競馬場にて開催された初の真夏の東京蚤の市! 19日の初日に行ってきたよ✨ 昨日はここ最近で一番暑かったから汗だくになった。。。 . 友だちと夢中になって見てるとはぐれるはぐれる…でもそれも見つけるのも楽しい!蚤の市の醍醐味! . 今回は大きめのリュックとおちょこをお迎えし、早速帰ったらお酒で乾杯👏 陶器市、、、とてもステキなものがありすぎて… 選べませんでした! @harasawaayaka さんと @banri_m さんに一目惚れ❤️ 毎回ステキな出会いがある❤️ . 大井競馬場はスペースが広くてとても見やすいし、ベンチに机がついてて良かったです✨ また真夏の東京蚤の市やってほしいなー! #真夏の東京蚤の市 #蚤の市 #大井競馬場 #手紙舎 #蚤の市絵日記 #夏の思い出

@hera.shがシェアした投稿 –


夢中になって歩き回るうちにご友人とはぐれてしまったというhera.shさん。ご友人探しも蚤の市の醍醐味として楽しみつつ、イベントを存分に満喫してくださったhera.shさんにこの賞をお贈りします!

このたびは、たくさんのご参加ありがとうございました! 受賞された皆様には、ささやかなプレゼントをお贈りさせていただきます。
※こちらのページで発表させていただいた受賞者の方は東京の蚤の市Instagramにダイレクトメッセージをお送り下さい。賞品のお渡し方法をご案内します。

「真夏の東京蚤の市」にお越しくださるみなさまへ

8月の東京では珍しい、落ち着かない天気が続いています。はじめて真夏に開催する東京蚤の市は、意外にも過ごしやすい気温の中でのお祭りになりそうです。一方、出店者のみなさんは熱く熱く意気込んで、この新しい東京蚤の市を最高のものにしようと準備をしてくれているよう。“夏”だからこその特別な品々が大井競馬場を埋め尽くします! 少しでも気になったら覗いてみてください。お買い物以外でも、きっと晴れやかな気持ちになるエンターテイメントに遭遇できるはず。新しい、たくさんの出会いがありますように!

ご来場くださるみなさまにご注意いただきたいことを以下に記載しています。「最高の2日間」にするために、来場者、出店者、スタッフみんなで守って行きたい、心を砕いていきたい事柄を記しています。どうか、事前によくご覧になり、ご協力・ご来場いただけましたら幸いです。

**********************************************

【ご注意いただきたいこと】
・入場料について
入場料は600円です(小学生以下無料)。なお、ご入場時にお渡しする真夏の東京蚤の市のオフィシャルパスポートは、再入場の際に必要となりますので、紛失などされませんようご注意ください。

・再入場について
当日に限り、オフィシャルパスポートをご掲示いただければ再入場が可能です。パスポートはなくさないようにお持ちください。

・雨天の場合の開催ついて
よほどの荒天の場合をのぞき、雨天の場合も開催します。会場内には屋根のないエリアもございます。雨具は必ずご用意ください。なお、荒天のため万が一中止となる場合は、当日午前7時までに東京蚤の市公式SNSで発表します。

・炎天下での過ごし方について
天候によっては、強い日差しや激しい暑さに見舞われるおそれがあります。水分補給と日陰や屋内を適度に利用するなど、十分な熱中症対策をお願いいたします。具合が悪くなりましたら、近くのスタッフにお声掛けください。

・駐車場について
会場隣接の専用駐車場をご利用いただけます(1,800台収容)。1回1台の駐車につき駐車料金は1,500円です。

・ペットの入場について
食品をあつかっていることや、お子さまも多くお越しいただけることを考慮し、ペットの入場は禁止とさせていただきます。ケージなどに入れていただいてもご入場はできませんのでご了承ください。

・ゴミ箱について
会場内にゴミ箱は設置しておりません。お客様ご自身で持ち込まれたペットボトルなどのゴミは、各自でお持ち帰りいただけますようお願いいたします。会場内の飲食のお店でお買い求めいただいた際に出ましたゴミにつきましては、お買い求めいただいたお店にお渡しくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

・授乳スペースについて
乳児をお連れのお母様のために、会場中ほどに授乳室がございます。また、キッズルームも隣接しておりますので、会場マップをご参照ください。

・場内での喫煙について
会場内はすべて禁煙とさせていただきます。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。入場口手前に喫煙スペースを設けてありますので、そちらをご利用ください。

・ベビーカーでの入場について
ベビーカーでもご入場いただけます。多くのお客様がいらっしゃいますので、事故・怪我などが起きぬよう、どうかお子様からお目を離さないようお気を付けくださいませ。

・会場の使用について
大井競馬場内の設備・動植物にはお手を触れないようお願いいたします。

・当日のお問合せ先について
開催中2日間のお問い合せについては、下記までご連絡をいただけますと幸いです。
手紙社 東京蚤の市運営本部 070-6525-5367

その他、ご質問やご要望などがありましたら、スタッフTシャツを着用した「東京蚤の市」スタッフまで、お気軽にお声掛けくださいね。

**********************************************

「真夏の東京蚤の市」が“蚤の市史”に燦然と輝くものとなりますように。みなさまのお越しをお待ちしております!

手紙社「東京蚤の市」実行委員会

150枚以上のてぬぐいが集結!「東京てぬぐい市」でお気に入りを見つけて

真夏の東京蚤の市ならではの企画の一つが「東京てぬぐい市」。色とりどり、多彩な絵柄、乾きが早く、使うほどに味わいを増し、さまざまな使い方ができる……。てぬぐいほど、手軽で活用度の高い布はありません。東京てぬぐい市には、型染めや注染などを使ったてぬぐい作家の品から、ショップのオリジナル、イラストレーターの作品など、実に34組もの作り手のてぬぐいが一挙に集結。てぬぐい特有の美しい色彩も、てぬぐいらしからぬ斬新な作風も、どちらも楽しんでみてくださいね。

play on words英国のタータンチェックを西荻窪風にアレンジした柄「ニシオギタータン(3色)」。トラッドな柄が新鮮!

heaven


北欧のテキスタイルのような「フラワークッキーてぬぐい(紫×ミントグリーン)」。こうしてカゴの目隠しにしても。

Nuusle


草むらの中を飛び交う蛍を、蛍光イエローで表現したコンテンポラリーな一枚。畳んだときには静かに羽を休めている蛍が、広げるとまるで飛び立つかのよう。

H/A/R/V/E/S/T


夏の山のテント泊へ持っていく道具を集めた2017年の新作「夏の山道具」てぬぐい。山好きさんは必携です。

etocoto


梅、おかか、シャケ…いろんなおにぎりが並んだ楽しい柄。お弁当を包みたい。

phro-flo

空を写すぼかしの表現と、色や輪郭を交差させるように描いた気球が奥行きのある柄「気球」。爽やかな配色も素敵。

sometae


木漏れ日を仰ぎ見るような、繊細で細やかな図案の「miteku」。鳥や動物も隠れています。

crazy textiles


無漂泊・無蛍光の綿そのままの生成りの色に、ポップな配色で染め抜いた「かわいい雪」。

ON READING


大阪在住のイラストレーター、田口美早紀(おたぐち)さんによる『This is Sports.』。スポーツのおともにさりげなく持ちたい。

zucu


紙を四角くちぎって配列し、模様を描き出した「しかく」。にじみながら色を変えていく、てぬぐいならではのグラデーションにうっとり。

ずらり並んだてぬぐいギャラリーは、「商品カタログ予習帳」 の「雑貨>てぬぐい」カテゴリから。当日は、ここに掲載されている以上のアイテムが並ぶはず。自分に、家族に、ギフト用に、たくさんのお気に入りを見つけてください。

シュワシュワソーダで夏の名残を、香ばしい焼菓子で秋支度を

残暑のなかに秋の気配を感じるようになると、しっかりと焼き込んだ素朴なお菓子が一層おいしく感じられるもの。真夏の東京蚤の市では、「東京焼菓子市」と題した、全国選りすぐりの焼菓子が集まるエリアが登場します。日々のおやつはもちろん、贈り物にも喜ばれるギフトボックスや、その場でぱくりと食べたい揚げたてドーナツまで、さまざまなニーズと食いしん坊ゴコロを満たす焼菓子たちがずらり。果実酢やシロップを使った爽やかなドリンクを片手に、おいしいお菓子の旅へと出かけてみてはいかがでしょう?

夕暮れと菓子


「夕暮れ缶」という名前もロマンチックなクッキーボックス。贈り物はもちろん、自分へのご褒美にも。

菜食菓子店 ミトラカルナ猫それぞれの表情が愛らしいクッキー「ねこっつら」。猫好きにはたまらないキュートさ。

焼き菓子や ひとひとて


見た目にもうっとり…。旬の味覚を焼き込んだ「無花果のタルト」と「かぼちゃのタルト」。

Brooklyn Ribbon Fries

オリジナルのジンジャーシロップの専門店のジンジャーエールは、ぜひ飲んでおきたい一杯。

クル

一つひとつが愛らしいクッキー。並べているだけで元気になれそう。

食堂 souffle


カラッと揚げたてのドーナッツは、イベントの醍醐味! ぜひ片手に散策を。

marusan & wacca

さまざまな果実酢のドリンクが並ぶそう。こちらは「いちご酢のサイダー」。

DELICIOUS KNOT!


絵本から飛び出したような鮮やかなアイシングのうさぎ&にんじんクッキー。食べるのがもったいない!

Biscuitta

店舗で人気のお菓子を詰め合わせた月に一度のおやつバコ「ツキイチおやつバコ」は、何が入っているか楽しみ。

菓子工房ルスルス

鳥やリース、絞り出しなど、さまざまな形が愛らしいクッキー。

手紙舎


旬をとじこめた自家製シロップは、夏の果実でラインナップ。ソーダ割りでシュワシュワ感を楽しんで。

「東京焼菓子市」の焼菓子や充実のドリンク類は「商品カタログ予習帳」のフードカテゴリから。夏の名残りも秋の先取りも、両方をおいしいもので味わってみてください。

真夏の贅沢! そこにビールとおいしいものがあれば。

夏の昼下がり、いち早くビールの栓を開け、おいしいものと一緒にグラスを傾ける……。そんなひと時が至福という皆様、お待たせしました。ビールに合うサクサクフライやピザ、さっぱりいただける麺類や、スタミナ抜群のどんぶりやカレーものなど、夏ならではのおいしいものたちが勢ぞろい。初登場エリアの「シュワシュワガーデン」では、選りすぐりのクラフトビールやサイダーなどがずらりと並びます。また、真夏の東京蚤の市は、いつもより少し開催時間が長いことにお気付きですか? 昼間はもちろん、暮れゆく夏の宵に、とっておきのフードと乾杯するのも気持ちがいいはずですよ。

アンリロ

3_b
栃木のフレンチレストラン「アンリロ」の看板メニュー「人参フライ」。サクサクの衣に、人参とは思えないほどの甘さとジューシーさはやみつきになります。

PIZZA FORNO

もちもちの生地とたっぷりチーズがたまらないピザ。大勢でシェアしても。

ヘブンズテーブル

冷やしタンタンスープご飯は、暑い日でもぺろりといただけるおいしさ。

手紙舎


キーマカレーとナポリタンを合わせた「キーマナポリタン」。夏にぴったりのスパイシーな味わいです。

よなよなエール醸造所

Pic_ForFes-002

色とりどり、風味豊かなクラフトビールが集合。その場で飲み干すのは爽快です。

fato.

さっぱり、さらさらといただける特製の「冷汁(冷やむぎ)」。野菜たっぷりなのもうれしい。

ひび の ごはん

台湾の名物料理「魯肉飯(ルーローハン)」をアレンジしたどんぶりは、がっつり派にも大満足。

TOKYO BEER PORTER with KOKAGE

軽井沢の「ココノホップ」が手がける「KOKAGEビール」が3種揃う。飲み比べセットも登場するとか。

wato kitchen

スペインの冷たいトマトスープ、ガスパチョ。フレッシュを野菜たっぷり使っているため、栄養満点です。

intervallo


バジルの爽やかな香りが食欲をそそる、冷製ジェノベーゼコンキリエ。素揚げ夏野菜と一緒に。

CIDER&WINE GARUTSU


オリジナルアップルビール、BEEDRE(ビードル)は、りんごの風味が飲みやすく女性にも人気の一品。

お食事やドリンクも「商品カタログ予習帳」の「フード」「ドリンク」カテゴリからチェックできます。人気店は、開場早々に行列ができることもしばしば。ぜひ事前にチェックして、早めにゲットしてくださいね。

絵付け、レリーフ、貫入…。飾っておきたいアートなひと皿

壁や棚に飾ったり、花やフルーツと合わせたり、アクセサリーを置いたり…。飾って楽しむうつわには、使い勝手やサイズ感より「見た目」のときめきが大切です。ひと目見た瞬間に恋に落ちるような「ビジュアル重視」のうつわ選びも時には楽しいもの。美しい絵付けや釉薬の色合い、時を経て刻み込まれた貫入や、作り手の細やかな手仕事を映すレリーフなど、心奪われるディテールに出合ってしまったら仕方ありません。自分の直感を信じて、アートのように美しいひと皿を迎え入れてみてはいかがでしょう?

1900年頃のフランスのショワジー ル ロワのプレート。コンディションが良く、1枚ずつ絵柄が違う。

フルーツを盛ったり、花を飾ったり。ケーキを置かずとも美しいコンポート。


花柄とオーバル型がエレガントなアンティークの皿。おもてなしにも活躍しそう。


少し深さのあるオーバル皿。丁寧に描かれた絵付けにうっとり。

Kirsikka


フィンランド Nuutajarviの「Fauna(ファウナ)」シリーズのガラスプレート。スタンドに立てかけて飾っておいても素敵。

瀬川辰馬

ドライフラワーなどを挿して飾ることができるプレート。アンティークのような佇まい。

antiquus days


レリーフや年号に物語性を感じるエタンプレート。パンやフルーツを入れたり、アクセサリーなどを入れたり。

望月万里


額縁のような形とレリーフが美しいプレート。ケーキや焼菓子が似合いそう。

atelier BOKKO


琺瑯をイメージした質感のオーバル皿。素朴で温かみのある絵柄が使いやすい。

廣田哲哉


食卓を飛び回るかのようなコウモリ豆皿は、いくつも集めたくなる愛らしさ。

工房双子堂


絵本の1ページのようにカラフルな色絵付けのシリーズ。子ども用にもぴったり。

「商品カタログ予習帳」の「食器」カテゴリでは、「東京陶器市」の作家のうつわも古道具やヴィンテージのうつわも一度に見ることができるので、お気に入りの一皿を見つけてみてくださいね。

絵日記フォトパネルを投稿して賞品をもらおう!

真夏の東京蚤の市の会場に現れる、大きな大きな絵日記! 見覚えのある女の子のイラストに顔をはめて登場人物になりきってみませんか? 日記の部分は自由に書き込みができるようになっています。楽しかったこと、驚いたこと、感動したことなど、真夏の東京蚤の市の思い出をつづって、自分だけの絵日記を完成させましょう!

撮った写真は「#蚤の市絵日記」のハッシュタグをつけてインスタグラムでシェア。 8月27日(日)までに投稿いただいた写真のなかから、1.宝ものを見つけたで賞、2.ユニークな思い出で賞、3.あれもこれも食べたで賞 の3つの賞を授与し、プレゼントをお贈りいたします。

蚤の市に初めて参加する人も常連さんも、それぞれの目線で真夏の蚤の市だからこそ味わえる熱い思い出をお届けください!

日々の暮らしに温もりをもたらす「椅子」と「照明」を見つけよう

そこにあるだけでグッと空間に奥深さをもたらしてくれるインテリア、それは「椅子」と「照明」です。工業製のストイックな造りや、時間が育てた飴色の木肌など、現行品にはない味わいの品々は蚤の市でこそ見つかるもの。家具類の中では小ぶりなので、サイズによっては持ち帰ることができるのも魅力です。すぐに使えるようにと、ガタつきや配線をメンテナンスしてくれているものも多数。自宅に迎え入れるとすぐに、最初からそこにあったかのように空間に溶け込み、日々の暮らしに灯りをともしてくれるはずです。

izaura


ガラスの漏斗を用いたペンダントランプ。ゆらぎのある古いガラスの質感が素敵。

アコーディオン状のひだにうっとりする「accordion / cone, M」。傘状に開くタイプは、食卓を明るく照らしてくれます。

antique stereograph古いブリキ製のスタンドライト。質素な造りながらも機能美が滲む一品。

OLD NEW THING


柳宗理をはじめ多くのデザイナーのわがままを形にしてきた、日本の曲げ木のスペシャリスト「秋田木工」のヴィンテージスツール 。

in;E

錆びたり、変色したりして唯一無二の質感に変化したランプ。デスクや飾り棚に。

Dried Flower&古道具 Marca

カラフルなデスクランプはインテリアのポイントに。学習机にも似合いそう。

ハチミツ
色あせたパッチワークの座面が味わい深いロッキングチェアー。

ガジェットモード

アウトドア、キャンプ好きの間でも大人気のオイルランプ「ケリーランプ」。本来はイギリスの一般家庭でテーブルランプとして利用されていたもの。

MAREBITO

独創的な、MAREBITO【創作】デスクライト。オブジェのような存在感。

antique shop menu名作の「ウィンザーチェア」はどんな空間にも溶け込む椅子。美しい木目にもうっとり。

「椅子」や「照明」は、「商品カタログ予習帳」の「インテリア」からプルダウンで見ることができます。家具などの大物を検討している人は、アイテムと出店者をぜひチェックしておいてくださいね。

フルーツ、かき氷、アイスクリーム…。ひんやり甘い、夏のスイーツたち

夏だからこそおいしい、冷たいものや甘いものも会場にはたくさん。みずみずしいフルーツを使ったフルーツサンドや果実ソーダ、アイスクリームやコーヒーゼリーなど身体をクールダウンしてくれるスイーツなど、おなかを満たし心潤すおいしいものが揃います。また、暑いからこそとびきりおいしいのが「かき氷」!  氷選びや自家製シロップなど、出店者ごとの個性あふれるかき氷の競演を楽しみに、ぜひ食べ比べてみてくださいね。

円居


人気の「季節のフルーツサンド」。巨峰とマスカット、桃とキウイなどを予定。その場で食べるのみの提供で、売り切れ次第終了なのでお早めに!

ひだまり商店 と co+fe


「おそらのブレンド珈琲ゼリー」。こっくりとしたクリームとほろ苦いコーヒーゼリーの組み合わせ。

七穀ベーカリー


ココナッツオイルで揚げる名物のドーナツパンに、アイスクリームをサンド!

特製パイナップルジャムを加えて色の変化を楽しめる「お花とパイナップルのハーブティー」。

日光珈琲
nikko6
日光の天然氷をふわふわに削り出す、自慢のかき氷。

旅する移動オーガニックカフェ Cafe Pitwu

こちらは、甘酸っぱいフルーツのシロップが爽やか。

nécoya BAKESTAND

果実がごろりと入ったシロップがジューシー。どれも食べてみたい!

Biscuitta

旬のフルーツを焼き込んだ、季節のお楽しみタルト。片手でぱくりと食べても、お持ち帰りしても。

ひび の ごはん

自家製シロップを使ったドリンクいろいろ。見た目も涼しげ。

yaskesunfood


ベルキス カルダモンが香る生地に、グリオットチェリー・ホワイトチョコ・ピスタチオを混ぜ込んだケーキ。フルーツとスパイスの風味が夏にぴったり。

眺めているだけでもおいしそうなフードたちは「商品カタログ予習帳」の「フード」カテゴリから。その場で食べるものはもちろん、おうちでのおやつタイムやギフトにぴったりのお菓子たちも、合わせてチェックしてくださいね。

手作り材料の宝庫! デッドストックやヴィンテージの素材ハンティングへ

家具や壁などインテリアのDIYを楽しむ人にとっても、洋服やアクセサリーを手作りする人とっても、素材の宝庫なのが東京蚤の市。新品ではなかなか出会えない味わい深い金具や古材、ヴィンテージのレースやデッドストックのボタンなど、ハンドメイドがグッとアカ抜けるマテリアルがあふれています。手作りに挑戦したことがない人も、壁に取り付けるだけで存在感のあるフックや、ゴムを通すだけで愛らしいヘアアクセサリーに変身するヴィンテージのボタンを目にすると、きっと作ってみたくなるはず。お子様連れの方は、夏休みの工作の材料を探してみてもいいかもしれません。

Tsubame Märkt


カラフルで愛らしい、ベルギーの自転車のプレート(Tax Plate)は、いろいろな用途に使えそう。

古物百貨店 ALL TOMORROW’S PARTIES


機械のプレートやエンブレムは、グラフィカルな文字のデザインが楽しい。

ben:chi+88/90 Products

手のひらサイズの小さな糸巻き。古びた木の質感が味わい深い。

WOODPRO

woodpro_blog5%e5%95%86%e5%93%81%e5%86%99%e7%9c%9f5s
杉古材をバターミルクペイントで塗装した板。工作やDIYに活用して。

つむぎ商會


ぎっしり並んだデッドストックの金物は圧巻! 引き手やツマミ、鍵、プレートなどさまざま。デッドストックの貝釦。プラスチックのボタンには出せない、美しい陰影が魅力。

idola

1950~80年代のVintage Japan ビーズパック。キッチュな色使いがかわいい!

Grenier Voyage

フランスの古いメルスリー(手芸店)のレース。細やかな手仕事と時を経た風合いは、古いものならでは。

店なし雑貨屋

糸系アイテムでもかなり入手困難という「藍染糸のネジネジ塊」。刺し子や刺繍、繕いなどに使うだけで、幾年もの年月を経たような表情に仕上がる。

c-h-o-c


夏の日差しにきらめく、ドロップみたいなヴィンテージボタン。市販の服のボタンを付け替えるなどのリメイクも楽しそう。

ディテールに差がつく手作り材料は、「商品カタログ予習帳」の「雑貨」カテゴリから、「手芸雑貨」「パーツ」などで探せます。男性も女性も子どもたちも、この夏は、手を動かす楽しみに夢中になってみてはいかがでしょう。

TOP